明日へ つなげよう

こころフォト

トップページ 写真一覧 こころフォトに寄せて 動画を見る

鈴木理子ちゃん(すずき・りこ/当時11歳) 健幸さん(けんこう/当時44歳) 信子さん(のぶこ/当時64歳) 奈津子さん(なつこ/当時45歳)
岩手県釜石市

鈴木堅一さん一家は自宅にいた堅一さんの妻の信子さん、長男の健幸さん、健幸さんの妻の奈津子さん、孫の理子ちゃんが津波に巻き込まれました。堅一さんは消防団のリーダーとして水門を閉めに行って助かりました。

「こころフォト」ニュースリポート

  • 2月27日放送

    もう一度 みんなの家を

    (ニュースウオッチ9)

震災から7年を迎えて

堅一さんより

早いもので、ことしも終わりです。
鵜住居の復興も見えてきました。
震災からの願いも、現実に近づいてきました。
家を建て、仏様を早く、自分の家に座らせることができます。
自分も年ですから、あと1年かかると思います。
自分も年だなぁと思う、この頃です。

震災から4年半を迎えて

堅一さんより

今は、常楽寺の落成も終了。
安心で、次は自分の家です。復興を待っている。
今年は、自分の好きなアユ釣りをしたいです。

震災から4年を迎えて

堅一さんより

早いもので、震災から4年に? 町中が正月で賑やかで、私には関係ないような思いです。

今でも消防団をやっておりますが、あの時、団員でなければと、家族を助けることが?
いまでも頭の中をよぎり、人前では明るくやっておりますが、一人になると涙が出ます。

早く家を建て、仏様を家にと思いますが、復興がなかなか。
年が72歳。待てない。

祖父の堅一さんからのメッセージ

健幸へ   早く家をたてるから
奈津子へ  ありがとう
理子へ   早く家をたてて 理子の部屋を造るからね
ババへ  早く消防団をやめればよかったかな

鈴木健幸さん、理子ちゃん、信子さん、奈津子さんへのメッセージ・写真を募集しています。

お寄せいただいたメッセージは、ホームページへの掲載や番組への活用などに限って利用いたします。
メッセージは掲載できない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

皆様の個人情報の扱いに関しては、「NHKにおける個人情報保護について」をご参照ください。

お名前(*)
ふりがな(*)
本人との関係(*)
電話番号(*)
(半角数字)
住所(*)

ページへの掲載は区市町村までとします。(例)東京都渋谷区の※※さん より

メールアドレス(*)
(半角数字)
確認用メールアドレス(*)
(半角数字)
メッセージ(*)

※内容は800文字以内でお書きください
(800文字を超えた場合は送信できません。ご了承ください)

※文字化けしてしまうため、機種依存文字は使用しないでください。

※写真を投稿したい場合は、こちらの写真投稿フォーム をご利用ください。


郵送の場合はご意見・お問い合わせページに
「郵送希望」と記して住所をお書き下さい。
こちらからメッセージの記入用紙や返信用封筒を送ります。
送っていただいたお写真は返却します。

ご意見・お問い合わせ

  • >> メッセージを投稿する
写真一覧へ戻る