明日へ つなげよう

こころフォト

トップページ 写真一覧 こころフォトに寄せて 動画を見る

「こころフォトを語る」講演会のお知らせ

東日本大震災で亡くなった人たちの写真と家族からのメッセージを募集し、放送やHPで紹介しているNHKの「こころフォト」。
HPには作家の瀬戸内寂聴さんなど家族以外からもメッセージが寄せられています。そのうちの一人、批評家の若松英輔さんは、「死者」をテーマに様々な執筆・講演活動に取り組んでいます。
震災の前の年に妻を乳がんで亡くした若松さんは著書に、「死者に触れることなく、震災の問題の解決を求めることは問題の大きな一側面を見失うことになる」と記し、「一人一人が数に置き換えられて記録され、記憶からは消されていく」ことに警鐘を鳴らしています。

今回、NHKのイベント「公開復興サポート 明日へin石巻」で「こころフォト」の展示を行うのに合わせて、若松英輔さんの講演会を開きます。若松さんの希望で一方通行の話ではなく自由に語り合える場にしたいと考えています。
「悲しみは、亡くなった人が訪れる合図。死者はいつも生者の傍らに寄り添っている」と言う若松さんがこれまでにない新たな視点で「悲しみ」や「死者」について語ります。
「公開復興サポート」での展示は5月の大船渡に続いて2回目です。
(同じ会場で午前10時~午後5時)

■日時: 平成25年10月20日(日)午後1時半~午後3時【終了しました】
■場所: 石巻専修大学 4号館2階4203教室 「こころフォト展示会場」
(石巻市南境新水戸1)
■講演: 「こころフォトを語る~かなしみを経験するということ」
■講師: 若松英輔(わかまつ・えいすけ)
批評家、1968年生まれ。慶應義塾大学文学部非常勤講師。
「生きている死者」をテーマにさまざまな執筆、講演活動を行う。
『魂にふれる 大震災と生きている死者』『死者との対話』(トランスビュー)
『内村鑑三をよむ』(岩波書店)など。
> 若松英輔さんの「こころフォトに寄せて」