NHK高校講座

世界史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:20〜2:40
※この番組は、2020年度の新作です。

世界史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:20〜2:40
※この番組は、2020年度の新作です。

今回の学習

東南アジア世界の形成

  • オープニング(2分27秒)
  • インド文明と中国文明の交差(6分23秒)
  • 熱帯の資源と開発(4分1秒)
  • 独自な文化形成(5分48秒)
  • 今回のまとめ(1分20秒)
  • 1/5
    オープニング(2分27秒)
  • 2/5
    インド文明と中国文明の交差(6分23秒)
  • 3/5
    熱帯の資源と開発(4分1秒)
  • 4/5
    独自な文化形成(5分48秒)
  • 5/5
    今回のまとめ(1分20秒)

【学習のねらい】
東南アジアは、大陸部と群島部とに大きく分かれ、それぞれ特徴のある自然環境と気候風土、そして文化をもっている。またインド、中国という大文明の間に位置し、大きな輸送力をもつ船によって、両文明間の海上交易の重要な中継拠点としても栄えた。今回は、さまざまな文明や宗教が伝えられるなかで独自の文明を築いてきた東南アジアの歴史の動きを、そこで取り引きされた有力な商品や大規模な宗教建造物に注目してみていく。

  • 世界史監修:東京大学名誉教授/放送大学客員教授・水島 司
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約