NHK高校講座

生物基礎

Eテレ 毎週 火曜日 午後2:40〜3:00
※この番組は、前年度の再放送です。

生物基礎

Eテレ 毎週 火曜日 午後2:40〜3:00
※この番組は、前年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第23回 ホルモンによる調節 (2)
〜ホルモン分泌量の調節〜

問題 解答
Q1 インスリン様成長因子が非常に少ないとどうなるか
  • 大きくなり過ぎたり、歳をとってからガンになりやすくなる
  • いつまでも大人になりきれない
  • 背が低くなったり、糖尿病になったり、筋肉が落ちたり、アルツハイマーや動脈硬化になったりと、老化が促進されてしまう
Q2 ホルモンの分泌量がコントロールされる仕組みを会社にたとえたとき、社長さんにたとえられていたのは何か
  • 視床下部
  • 脳下垂体
  • 内分泌細胞
Q3 最終的に出る分泌物や効果が、一連の反応の前の段階に対して影響を及ぼすことを何というか
  • キャッシュバック
  • スイッチバック
  • フィードバック
Q1
インスリン様成長因子が非常に少ないとどうなるか
  • 大きくなり過ぎたり、歳をとってからガンになりやすくなる
  • いつまでも大人になりきれない
  • 背が低くなったり、糖尿病になったり、筋肉が落ちたり、アルツハイマーや動脈硬化になったりと、老化が促進されてしまう
Q2
ホルモンの分泌量がコントロールされる仕組みを会社にたとえたとき、社長さんにたとえられていたのは何か
  • 視床下部
  • 脳下垂体
  • 内分泌細胞
Q3
最終的に出る分泌物や効果が、一連の反応の前の段階に対して影響を及ぼすことを何というか
  • キャッシュバック
  • スイッチバック
  • フィードバック
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約