NHK高校講座

生物基礎

Eテレ 毎週 火曜日 午後2:40〜3:00
※この番組は、前年度の再放送です。

生物基礎

Eテレ 毎週 火曜日 午後2:40〜3:00
※この番組は、前年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第21回 自律神経による調節

問題 解答
Q1 中村先生は、たとえば好きな人が近くにいるときに、自律神経の働きでどのようなことが起こると言っていたか。
  • 頭が真っ白になってなにも考えられなくなる
  • 心がウキウキして、無駄にはしゃいでしまう
  • 心臓がどきどきして、喉がカラカラになって、瞳孔が開く
Q2 自律神経とはどのような神経か。
  • 内臓や血管などの活動に関係している神経で、意識と無関係に働く
  • 骨格筋などに運動の指令を送る神経で、意識と関わって働く
  • 視覚、聴覚などの情報を中枢に送る神経
Q3 交感神経の活動が高まるのはどのようなときか。
  • 食事を食べたときに高まる
  • 体を休息させるときに高まる
  • 体が活動的になるときに高まる
Q1
中村先生は、たとえば好きな人が近くにいるときに、自律神経の働きでどのようなことが起こると言っていたか。
  • 頭が真っ白になってなにも考えられなくなる
  • 心がウキウキして、無駄にはしゃいでしまう
  • 心臓がどきどきして、喉がカラカラになって、瞳孔が開く
Q2
自律神経とはどのような神経か。
  • 内臓や血管などの活動に関係している神経で、意識と無関係に働く
  • 骨格筋などに運動の指令を送る神経で、意識と関わって働く
  • 視覚、聴覚などの情報を中枢に送る神経
Q3
交感神経の活動が高まるのはどのようなときか。
  • 食事を食べたときに高まる
  • 体を休息させるときに高まる
  • 体が活動的になるときに高まる
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約