NHK高校講座

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、前年度の再放送です。

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、前年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第27回 幕府の滅亡

問題 解答
Q1 幕末期の幕府政冶に関する文のうち、正しいものを1つ選べ。
  • アメリカとの通商条約締結や反対派に対する厳しい弾圧など、幕府の専制に対する批判が広まっていき、1860年、大老・井伊直弼が襲われる坂下門外の変が起こった。
  • 老中の安藤信正は、将軍の娘・和宮を孝明天皇に嫁がせ、公(朝廷)と武(幕府)が手を結ぶことによって政治を安定させようとした。
  • 江戸城外での相次ぐ幕府首脳の襲撃により幕府の権威は失墜し、長州藩を中心とする尊王攘夷派の勢力が拡大していった。
Q2 幕末期の幕府や各藩の動向に関する文のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 1863年、長州藩は下関海峡を通過する外国船を砲撃して攘夷を実行したが、翌年、欧米4か国からなる連合艦隊の報復攻撃を受け、大敗を喫した。
  • 薩英戦争で欧米諸国との実力の差を感じた薩摩藩では木戸孝允や高杉晋作らのもと、武器の輸入や留学生の派遣などの改革が進められていった。
  • 1866年、坂本龍馬の斡旋のもと薩長同盟が結ばれた。薩摩藩の参戦によって幕府軍は敗北を重ねることとなり、幕府による再度の長州征討は失敗に終わった。
Q3 徳川慶喜や幕府の滅亡に関する文のうち、誤っているものを1つ選べ。
  • 1867年10月、徳川慶喜は大政奉還を行った。これは慶喜による新たな政治体制の構築を目指したもので、慶喜は大政奉還後も朝廷から政治を任されていた。
  • 1867年12月、倒幕派は王政復古の大号令を発して新政府樹立を宣言し、同日夜の小御所会議では徳川慶喜の官位の辞退、領地の返上を命ずる厳しい処分を下した。
  • 戊辰戦争の最中、西郷隆盛と勝海舟との会談によって江戸は戦火から免れ、新政府軍は江戸での戦争を一切行うことなく旧幕府勢力を制圧することに成功した。
Q1
幕末期の幕府政冶に関する文のうち、正しいものを1つ選べ。
  • アメリカとの通商条約締結や反対派に対する厳しい弾圧など、幕府の専制に対する批判が広まっていき、1860年、大老・井伊直弼が襲われる坂下門外の変が起こった。
  • 老中の安藤信正は、将軍の娘・和宮を孝明天皇に嫁がせ、公(朝廷)と武(幕府)が手を結ぶことによって政治を安定させようとした。
  • 江戸城外での相次ぐ幕府首脳の襲撃により幕府の権威は失墜し、長州藩を中心とする尊王攘夷派の勢力が拡大していった。
Q2
幕末期の幕府や各藩の動向に関する文のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 1863年、長州藩は下関海峡を通過する外国船を砲撃して攘夷を実行したが、翌年、欧米4か国からなる連合艦隊の報復攻撃を受け、大敗を喫した。
  • 薩英戦争で欧米諸国との実力の差を感じた薩摩藩では木戸孝允や高杉晋作らのもと、武器の輸入や留学生の派遣などの改革が進められていった。
  • 1866年、坂本龍馬の斡旋のもと薩長同盟が結ばれた。薩摩藩の参戦によって幕府軍は敗北を重ねることとなり、幕府による再度の長州征討は失敗に終わった。
Q3
徳川慶喜や幕府の滅亡に関する文のうち、誤っているものを1つ選べ。
  • 1867年10月、徳川慶喜は大政奉還を行った。これは慶喜による新たな政治体制の構築を目指したもので、慶喜は大政奉還後も朝廷から政治を任されていた。
  • 1867年12月、倒幕派は王政復古の大号令を発して新政府樹立を宣言し、同日夜の小御所会議では徳川慶喜の官位の辞退、領地の返上を命ずる厳しい処分を下した。
  • 戊辰戦争の最中、西郷隆盛と勝海舟との会談によって江戸は戦火から免れ、新政府軍は江戸での戦争を一切行うことなく旧幕府勢力を制圧することに成功した。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約