NHK高校講座

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、前年度の再放送です。

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、前年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第26回 開国と開港

問題 解答
Q1 ペリー来航と江戸幕府の対応などに関する文のうち、正しいものを1つ選べ。
  • ペリー来航を事前に察知した幕府は、品川沖に大砲を設置するための台場の建設を急いだが、完成前にペリーが初来航したため台場の建設も中止された。
  • ペリーの開国要求に対し、幕府は朝廷や諸大名に意見を聞くという従来の方法を取らずに独裁的にこの問題の解決に当たり、1854年、アメリカと日米和親条約を締結した。
  • アメリカが東アジア貿易を行うには太平洋航路を使う方が効率的であり、燃料や食料補給のためにも日本を開国させることが必要であった。
Q2 アメリカとの通商条約締結に関する文のうち、正しいものを1つ選べ。
  • ハリスの通商条約締結要求に対し、これを受け入れようとする朝廷と、あくまで攘夷を主張する幕府との間で対立が生じるようになった。
  • アロー戦争での中国の敗北など、列強諸国の外圧が増していく中、大老・井伊直弼は1858年、天皇の許可を得ないまま日米修好通商条約に調印した。
  • 日米修好通商条約にはアメリカの領事裁判権は認めない一方、日本には関税の決定権を認めさせるなど、日本に極めて不利な内容が規定されていた。
Q3 開港後の貿易に関する文のうち、誤っているものを1つ選べ。
  • 日本の主要輸出品は毛織物や綿織物であり、国内需要を満たすため江戸時代末期にもほぼ輸入に頼っていた茶の生産も各地で行われるようになった。
  • 貿易の開始によりそれまでの流通機構が崩れて物価が上昇したため、1860年、幕府は五品江戸廻送令を発して流通機構の再編を図ろうとした。
  • 金銀の交換比率の違いから大量の金が流出したため、幕府はその対策として万延小判を発行したが、貨幣価値の下落はさらなる物価上昇を招き、国内経済は一層混乱した。
Q1
ペリー来航と江戸幕府の対応などに関する文のうち、正しいものを1つ選べ。
  • ペリー来航を事前に察知した幕府は、品川沖に大砲を設置するための台場の建設を急いだが、完成前にペリーが初来航したため台場の建設も中止された。
  • ペリーの開国要求に対し、幕府は朝廷や諸大名に意見を聞くという従来の方法を取らずに独裁的にこの問題の解決に当たり、1854年、アメリカと日米和親条約を締結した。
  • アメリカが東アジア貿易を行うには太平洋航路を使う方が効率的であり、燃料や食料補給のためにも日本を開国させることが必要であった。
Q2
アメリカとの通商条約締結に関する文のうち、正しいものを1つ選べ。
  • ハリスの通商条約締結要求に対し、これを受け入れようとする朝廷と、あくまで攘夷を主張する幕府との間で対立が生じるようになった。
  • アロー戦争での中国の敗北など、列強諸国の外圧が増していく中、大老・井伊直弼は1858年、天皇の許可を得ないまま日米修好通商条約に調印した。
  • 日米修好通商条約にはアメリカの領事裁判権は認めない一方、日本には関税の決定権を認めさせるなど、日本に極めて不利な内容が規定されていた。
Q3
開港後の貿易に関する文のうち、誤っているものを1つ選べ。
  • 日本の主要輸出品は毛織物や綿織物であり、国内需要を満たすため江戸時代末期にもほぼ輸入に頼っていた茶の生産も各地で行われるようになった。
  • 貿易の開始によりそれまでの流通機構が崩れて物価が上昇したため、1860年、幕府は五品江戸廻送令を発して流通機構の再編を図ろうとした。
  • 金銀の交換比率の違いから大量の金が流出したため、幕府はその対策として万延小判を発行したが、貨幣価値の下落はさらなる物価上昇を招き、国内経済は一層混乱した。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約