NHK高校講座

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、前年度の再放送です。

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、前年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第23回 幕藩体制の動揺と政治改革

問題 解答
Q1 享保の改革で行われた政策に関する文のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 上米の制とは諸大名の石高1万石につき100石の米を上納させるもので、大名に負担を強いる代わりに参勤交代の江戸在府期間を1年に短縮した。
  • 相対済し令とは武士−商人間の金銭貸借に関する法令であり、幕府がこうした裁判に直接関わることで金銭貸借訴訟の円満解決を図るものであった。
  • 裁判や刑罰の基準となる公事方御定書の編集、目安箱や小石川養生所の設置など、法制度の整備や都市政策の面でも画期的な政策が行われた。
Q2 田沼時代に行われた政策やそれに関連することがらについて述べた文のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 商業の発展をうながすため商人や職人による株仲間の結成を禁止し、違反者には罰則として運上金や冥加金などの反則金を課した。
  • 俵物の輸出を奨励して長崎貿易の拡大が図られるとともにロシアとの交易も計画され、最上徳内らによる蝦夷地の調査も行われた。
  • いなごやうんかなどの害虫が大量発生して天明の大飢饉が起こり、飢饉の影響を恐れた武士や商人らによる賄賂が公然と行われるようになった。
Q3 寛政の改革や諸藩の改革で行われた政策に関する文のうち、誤っているものを1つ選べ。
  • 寛政の改革では飢饉対策として米を蓄えさせる「囲米」を実施し、江戸では町費節約分の7割を積み立てる「七分積金」の制度が設けられた。
  • 寛政の改革では江戸の労働力不足を補うため農民の出稼ぎが奨励され、江戸の石川島に「人足寄場」を設けて関東農村の出稼ぎ農民を集め、職業訓練を行った。
  • 米沢藩では上杉鷹山による改革が行われた。藩主自ら倹約に努めるとともに領内の産業育成を図り、また人材育成のため藩校・興譲館を再興した。
Q1
享保の改革で行われた政策に関する文のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 上米の制とは諸大名の石高1万石につき100石の米を上納させるもので、大名に負担を強いる代わりに参勤交代の江戸在府期間を1年に短縮した。
  • 相対済し令とは武士−商人間の金銭貸借に関する法令であり、幕府がこうした裁判に直接関わることで金銭貸借訴訟の円満解決を図るものであった。
  • 裁判や刑罰の基準となる公事方御定書の編集、目安箱や小石川養生所の設置など、法制度の整備や都市政策の面でも画期的な政策が行われた。
Q2
田沼時代に行われた政策やそれに関連することがらについて述べた文のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 商業の発展をうながすため商人や職人による株仲間の結成を禁止し、違反者には罰則として運上金や冥加金などの反則金を課した。
  • 俵物の輸出を奨励して長崎貿易の拡大が図られるとともにロシアとの交易も計画され、最上徳内らによる蝦夷地の調査も行われた。
  • いなごやうんかなどの害虫が大量発生して天明の大飢饉が起こり、飢饉の影響を恐れた武士や商人らによる賄賂が公然と行われるようになった。
Q3
寛政の改革や諸藩の改革で行われた政策に関する文のうち、誤っているものを1つ選べ。
  • 寛政の改革では飢饉対策として米を蓄えさせる「囲米」を実施し、江戸では町費節約分の7割を積み立てる「七分積金」の制度が設けられた。
  • 寛政の改革では江戸の労働力不足を補うため農民の出稼ぎが奨励され、江戸の石川島に「人足寄場」を設けて関東農村の出稼ぎ農民を集め、職業訓練を行った。
  • 米沢藩では上杉鷹山による改革が行われた。藩主自ら倹約に努めるとともに領内の産業育成を図り、また人材育成のため藩校・興譲館を再興した。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約