NHK高校講座

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、前年度の再放送です。

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、前年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第22回 江戸時代の経済と産業の発達

問題 解答
Q1 江戸時代の江戸・大坂に関して述べた文のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 江戸には参勤交代により多くの武士が集まり、日本最大の消費都市となった。17世紀後半には武家、町人あわせて100万もの人口を抱えるに至った。
  • 江戸が膨大な人口を抱える大都市となった背景には関東地方の豊かな生産力があり、江戸で消費される物資はほぼ江戸近郊の農村からの移入でまかなわれていた。
  • 「天下の台所」と呼ばれた大坂は各地の藩から年貢米や産物が集まる大商業都市であり、諸藩の蔵屋敷に運ばれた物資は札差と呼ばれる商人を通じて販売された。
Q2 江戸時代の交通の発達に関する文のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 江戸の港には全国の船が行き交い、菱の実を運んだ菱垣廻船や主に醤油を運んだ樽廻船など、多くの船が江戸−大坂間を運航するようになった。
  • 江戸の商人・河村瑞賢によって東廻り・西廻り航路が整備された。これによって江戸と大坂を中心とした全国的な物資の流通網が完成した。
  • 江戸時代には参勤交代などのため全国の陸路の整備も行われた。東海道や中山道などの脇街道が、またその支線となる五街道が整備された。
Q3 江戸時代の産業や金融業の発達に関連する文のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 江戸時代には農具の改良や農業技術の進歩が見られ、商品作物を生産する先進地域では干した鰯や油をしぼった粕などの金肥も普及するようになった。
  • 絹織物は桐生や足利などの関東でも生産されるようになり、こうした地域では生産者を一か所に集めて集中的に大量生産を行う問屋制家内工業もみられるようになった。
  • 金・銀・銅銭は実質的に幕府の定めた固定レートによって流通し、東日本では銀が、西日本では金が主に使われ、両替商などの大商人が両替や金融業務に携わった。
Q1
江戸時代の江戸・大坂に関して述べた文のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 江戸には参勤交代により多くの武士が集まり、日本最大の消費都市となった。17世紀後半には武家、町人あわせて100万もの人口を抱えるに至った。
  • 江戸が膨大な人口を抱える大都市となった背景には関東地方の豊かな生産力があり、江戸で消費される物資はほぼ江戸近郊の農村からの移入でまかなわれていた。
  • 「天下の台所」と呼ばれた大坂は各地の藩から年貢米や産物が集まる大商業都市であり、諸藩の蔵屋敷に運ばれた物資は札差と呼ばれる商人を通じて販売された。
Q2
江戸時代の交通の発達に関する文のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 江戸の港には全国の船が行き交い、菱の実を運んだ菱垣廻船や主に醤油を運んだ樽廻船など、多くの船が江戸−大坂間を運航するようになった。
  • 江戸の商人・河村瑞賢によって東廻り・西廻り航路が整備された。これによって江戸と大坂を中心とした全国的な物資の流通網が完成した。
  • 江戸時代には参勤交代などのため全国の陸路の整備も行われた。東海道や中山道などの脇街道が、またその支線となる五街道が整備された。
Q3
江戸時代の産業や金融業の発達に関連する文のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 江戸時代には農具の改良や農業技術の進歩が見られ、商品作物を生産する先進地域では干した鰯や油をしぼった粕などの金肥も普及するようになった。
  • 絹織物は桐生や足利などの関東でも生産されるようになり、こうした地域では生産者を一か所に集めて集中的に大量生産を行う問屋制家内工業もみられるようになった。
  • 金・銀・銅銭は実質的に幕府の定めた固定レートによって流通し、東日本では銀が、西日本では金が主に使われ、両替商などの大商人が両替や金融業務に携わった。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約