NHK高校講座

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、前年度の再放送です。

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、前年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第15回 室町時代の交易と文化

問題 解答
Q1 室町時代の日本と明との関係について述べた文のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 倭寇を鎮圧した足利義満は明との国交回復を図ったが、明は准三后の地位にあった義満には日本を代表する資格がないとして交渉を拒絶した。
  • 明との貿易では日本から「勘合」という証明書が明に与えられ、日本側の持つ底簿の割印と照合して正式な貿易船と倭寇とを区別した。
  • 明との貿易では大量の貨幣が日本にもたらされた一方、日本からは銅や硫黄、刀剣、また扇や屏風、蒔絵の漆器など金をあしらった工芸品が輸出された。
Q2 15世紀から16世紀にかけての琉球や蝦夷ヶ島について述べた文のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 首里城の京の内の遺跡からはさまざまな遺物が発掘されており、琉球王国が中国など東アジア諸国のみならず東南アジアともさかんに貿易を行っていたことが確認できる。
  • 琉球王国は他国に臣下の礼をとらせる、いわゆる中継貿易を行い、琉球へは明や東南アジア、日本、朝鮮の貿易船が琉球国王への貢物を積んで来航した。
  • 蝦夷ヶ島では和人の進出によりアイヌとの衝突が起きるようになった。アイヌに対し、和人たちは大首長のコシャマインを中心に反乱を起こした。
Q3 室町文化に関して述べた文のうち、誤っているものを1つ選べ。
  • 足利義満によって北山殿に建てられた銀閣は寝殿造や書院造、また禅宗の寺院風の造りも見られるなど、3つの文化を折衷した建築物である。
  • 猿楽に起源をもつ能は観阿弥・世阿弥親子によって大成された。また後に茶道や華道へと発展する詫び茶や立花もこの時代の代表的な文化として誕生した。
  • 東山に建てられた東求堂は書院造を代表する建築物であり、障子や襖、床に敷き詰められた畳などは現在の和室建築の基となっている。
Q1
室町時代の日本と明との関係について述べた文のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 倭寇を鎮圧した足利義満は明との国交回復を図ったが、明は准三后の地位にあった義満には日本を代表する資格がないとして交渉を拒絶した。
  • 明との貿易では日本から「勘合」という証明書が明に与えられ、日本側の持つ底簿の割印と照合して正式な貿易船と倭寇とを区別した。
  • 明との貿易では大量の貨幣が日本にもたらされた一方、日本からは銅や硫黄、刀剣、また扇や屏風、蒔絵の漆器など金をあしらった工芸品が輸出された。
Q2
15世紀から16世紀にかけての琉球や蝦夷ヶ島について述べた文のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 首里城の京の内の遺跡からはさまざまな遺物が発掘されており、琉球王国が中国など東アジア諸国のみならず東南アジアともさかんに貿易を行っていたことが確認できる。
  • 琉球王国は他国に臣下の礼をとらせる、いわゆる中継貿易を行い、琉球へは明や東南アジア、日本、朝鮮の貿易船が琉球国王への貢物を積んで来航した。
  • 蝦夷ヶ島では和人の進出によりアイヌとの衝突が起きるようになった。アイヌに対し、和人たちは大首長のコシャマインを中心に反乱を起こした。
Q3
室町文化に関して述べた文のうち、誤っているものを1つ選べ。
  • 足利義満によって北山殿に建てられた銀閣は寝殿造や書院造、また禅宗の寺院風の造りも見られるなど、3つの文化を折衷した建築物である。
  • 猿楽に起源をもつ能は観阿弥・世阿弥親子によって大成された。また後に茶道や華道へと発展する詫び茶や立花もこの時代の代表的な文化として誕生した。
  • 東山に建てられた東求堂は書院造を代表する建築物であり、障子や襖、床に敷き詰められた畳などは現在の和室建築の基となっている。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約