NHK高校講座

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、前年度の再放送です。

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、前年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第10回 平氏政権の登場

問題 解答
Q1 保元の乱・平治の乱とそれに関連する事柄について述べた3つの文章のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 白河上皇と後白河天皇の対立に摂関家、源氏・平氏それぞれの対立が結びついて1156年、京の都を舞台に平治の乱が起こった。
  • 藤原信頼は源義朝を味方にして挙兵し、政敵の藤原通憲(信西)を自決に追い込むが、平清盛との戦いに敗れた。この乱の結果、平清盛の地位と権力が急速に高まっていった。
  • 平清盛は後白河法皇の信任を得て高位高官にのぼり、1167年には武士として初めての関白となった。
Q2 平氏政権やその成立に関する3つの文章のうち、間違っているものを1つ選べ。
  • 平清盛は安徳天皇の外戚として権勢を誇り、また多くの知行国と500あまりの荘園を所有するなど、平氏政権の政治・経済基盤は摂関家の構図と酷似していた。
  • 後白河法皇の側近、また法皇自らの反平氏の動きが露呈したため、平清盛は法皇を御所に幽閉して院政を停止させた。ここに初の武士が主導する政権が誕生した。
  • 平氏政権の経済基盤のひとつとして中国大陸との貿易があげられる。日宋貿易によって日本に大量にもたらされた砂金は日本の経済発展に大きな影響を与えた。
Q3 源平の争乱(治承・寿永の内乱)とそれに関する3つの文章のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 源頼政は以仁王(もちひとおう)を擁して平氏打倒の兵を挙げ、源頼朝や木曽の源義仲らも相次いで挙兵した。ここに約5年にわたる治承・寿永の内乱が始まった。
  • 富士川の戦いに勝利した平氏は京に戻ったのち南都に出兵し、後白河法皇に味方した奈良の興福寺の僧兵を攻撃し、東大寺大仏殿を焼き払った。
  • 源義仲率いる源氏の軍勢は一の谷の戦い、屋島の戦いで平氏に勝利し、さらに壇の浦での源平最後の決戦にも勝利して、ここに5年にわたる源平の争乱は収束した。
Q1
保元の乱・平治の乱とそれに関連する事柄について述べた3つの文章のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 白河上皇と後白河天皇の対立に摂関家、源氏・平氏それぞれの対立が結びついて1156年、京の都を舞台に平治の乱が起こった。
  • 藤原信頼は源義朝を味方にして挙兵し、政敵の藤原通憲(信西)を自決に追い込むが、平清盛との戦いに敗れた。この乱の結果、平清盛の地位と権力が急速に高まっていった。
  • 平清盛は後白河法皇の信任を得て高位高官にのぼり、1167年には武士として初めての関白となった。
Q2
平氏政権やその成立に関する3つの文章のうち、間違っているものを1つ選べ。
  • 平清盛は安徳天皇の外戚として権勢を誇り、また多くの知行国と500あまりの荘園を所有するなど、平氏政権の政治・経済基盤は摂関家の構図と酷似していた。
  • 後白河法皇の側近、また法皇自らの反平氏の動きが露呈したため、平清盛は法皇を御所に幽閉して院政を停止させた。ここに初の武士が主導する政権が誕生した。
  • 平氏政権の経済基盤のひとつとして中国大陸との貿易があげられる。日宋貿易によって日本に大量にもたらされた砂金は日本の経済発展に大きな影響を与えた。
Q3
源平の争乱(治承・寿永の内乱)とそれに関する3つの文章のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 源頼政は以仁王(もちひとおう)を擁して平氏打倒の兵を挙げ、源頼朝や木曽の源義仲らも相次いで挙兵した。ここに約5年にわたる治承・寿永の内乱が始まった。
  • 富士川の戦いに勝利した平氏は京に戻ったのち南都に出兵し、後白河法皇に味方した奈良の興福寺の僧兵を攻撃し、東大寺大仏殿を焼き払った。
  • 源義仲率いる源氏の軍勢は一の谷の戦い、屋島の戦いで平氏に勝利し、さらに壇の浦での源平最後の決戦にも勝利して、ここに5年にわたる源平の争乱は収束した。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約