NHK高校講座

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、前年度の再放送です。

日本史

Eテレ 毎週 金曜日 午後2:00〜2:20
※この番組は、前年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第7回 貴族社会と摂関政治

問題 解答
Q1 摂関(せっかん)政治とそれに関連することがらについて述べた3つの文章のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 藤原冬嗣(ふゆつぐ)が嵯峨(さが)天皇の側近である検非違使(けびいし)に任命されたことから藤原氏4家のうち、式家(しきけ)の発展が始まることとなった。
  • 藤原道長(みちなが)は藤原氏の中で初めて娘を天皇の后(きさき)とすることに成功し、天皇の外戚(がいせき)としての立場を利用して摂政(せっしょう)・関白(かんぱく)の地位を独占していった。
  • 平安時代中期、宮廷や貴族の邸宅で主人に仕えた女性を女房(にょうぼう)といい、宮廷内で彰子(しょうし)に仕えた紫式部(むらさきしきぶ)や定子(ていし)に仕えた清少納言(せいしょうなごん)などが有名である。
Q2 摂関政治のもとでの政治の様子について述べた3つ文章のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 摂関政治のもとでは官職の任命や位階の昇進など、摂関家(せっかんけ)の意向が強く反映されるようになり、政治は摂関家を中心とした一部の貴族に担われるようになった。
  • 摂関政治のもとでは朝廷の行事や儀式を先例どおりに行うことが重視され、藤原道長の日記である「小右記(しょうゆうき)」にその詳細が記されている。
  • 摂関政治のもとでは権力からはずれた貴族たちは実際に地方に赴任して行政を行う、遙任(ようにん)と呼ばれる国司(こくし)の地位を目指すようになった。
Q3 国風文化の内容やその時期に行われたことがらについて述べた3つの文章のうち、誤っているものを1つ選べ。
  • 貴族の衣服として男子の正装である束帯(そくたい)・衣冠(いかん)、女子の小袖(こそで)、また日本独特の住宅様式である数寄屋造(すきやづくり)などがみられるようになった。
  • かな文字の考案によりこの時期の文学は大きく発展し、古今和歌集(こきんわかしゅう)をはじめとする勅撰和歌集も次々に編集された。
  • 平安貴族のうち、男子は普段着として直衣(のうし)を着用した。また貴族たちは蹴鞠(けまり)や日本最古のボードゲームである盤双六(ばんすごろく)などの遊びを楽しんだ。
Q1
摂関(せっかん)政治とそれに関連することがらについて述べた3つの文章のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 藤原冬嗣(ふゆつぐ)が嵯峨(さが)天皇の側近である検非違使(けびいし)に任命されたことから藤原氏4家のうち、式家(しきけ)の発展が始まることとなった。
  • 藤原道長(みちなが)は藤原氏の中で初めて娘を天皇の后(きさき)とすることに成功し、天皇の外戚(がいせき)としての立場を利用して摂政(せっしょう)・関白(かんぱく)の地位を独占していった。
  • 平安時代中期、宮廷や貴族の邸宅で主人に仕えた女性を女房(にょうぼう)といい、宮廷内で彰子(しょうし)に仕えた紫式部(むらさきしきぶ)や定子(ていし)に仕えた清少納言(せいしょうなごん)などが有名である。
Q2
摂関政治のもとでの政治の様子について述べた3つ文章のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 摂関政治のもとでは官職の任命や位階の昇進など、摂関家(せっかんけ)の意向が強く反映されるようになり、政治は摂関家を中心とした一部の貴族に担われるようになった。
  • 摂関政治のもとでは朝廷の行事や儀式を先例どおりに行うことが重視され、藤原道長の日記である「小右記(しょうゆうき)」にその詳細が記されている。
  • 摂関政治のもとでは権力からはずれた貴族たちは実際に地方に赴任して行政を行う、遙任(ようにん)と呼ばれる国司(こくし)の地位を目指すようになった。
Q3
国風文化の内容やその時期に行われたことがらについて述べた3つの文章のうち、誤っているものを1つ選べ。
  • 貴族の衣服として男子の正装である束帯(そくたい)・衣冠(いかん)、女子の小袖(こそで)、また日本独特の住宅様式である数寄屋造(すきやづくり)などがみられるようになった。
  • かな文字の考案によりこの時期の文学は大きく発展し、古今和歌集(こきんわかしゅう)をはじめとする勅撰和歌集も次々に編集された。
  • 平安貴族のうち、男子は普段着として直衣(のうし)を着用した。また貴族たちは蹴鞠(けまり)や日本最古のボードゲームである盤双六(ばんすごろく)などの遊びを楽しんだ。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約