NHK高校講座

家庭総合

Eテレ 毎週 木曜日 午後2:40〜3:00
※この番組は、2020年度の新作です。

家庭総合

Eテレ 毎週 木曜日 午後2:40〜3:00
※この番組は、2020年度の新作です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第8回 どう子どもと関わる? 〜成長を促すために〜

問題 解答
Q1 子どもと接するとき、大人はどのようなことに留意したらよいでしょうか。
  • できる限り大人の都合に合わせるよう、子どもに厳しく接すること。
  • 子どもから好かれるように、常に子どもの顔色をうかがうこと。
  • あたたかい気持ちで接し、信頼関係を持つこと。
Q2 ストレスを抱えた子どもに対し、大人が気をつけるのはどんなことですか。
  • 子どものストレスに気がつかないふりをすること。
  • 「何があってもあなたの味方」というメッセージを出し続けること。
  • 「行動のサイン」や「身体のサイン」の原因を子どもに問いただすこと。
Q3 子どもに事故が多いのはなぜでしょうか。
  • 子どもは頭の比重が大人より大きく、転倒しやすいから。
  • 危険を察知する力が、成長とともに弱くなるから。
  • 警戒心が大人に比べて強く、慎重な行動をとることが多いから。
Q1
子どもと接するとき、大人はどのようなことに留意したらよいでしょうか。
  • できる限り大人の都合に合わせるよう、子どもに厳しく接すること。
  • 子どもから好かれるように、常に子どもの顔色をうかがうこと。
  • あたたかい気持ちで接し、信頼関係を持つこと。
Q2
ストレスを抱えた子どもに対し、大人が気をつけるのはどんなことですか。
  • 子どものストレスに気がつかないふりをすること。
  • 「何があってもあなたの味方」というメッセージを出し続けること。
  • 「行動のサイン」や「身体のサイン」の原因を子どもに問いただすこと。
Q3
子どもに事故が多いのはなぜでしょうか。
  • 子どもは頭の比重が大人より大きく、転倒しやすいから。
  • 危険を察知する力が、成長とともに弱くなるから。
  • 警戒心が大人に比べて強く、慎重な行動をとることが多いから。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約