NHK高校講座

コミュニケーション英語T

Eテレ 毎週 月曜日 午後2:40〜3:00
※この番組は、前年度の再放送です。

コミュニケーション英語T

Eテレ 毎週 月曜日 午後2:40〜3:00
※この番組は、前年度の再放送です。

今回の学習

第21回 Reading 1

小ばなしを聞かせよう

  • 英語監修:文教大学教授 阿野 幸一
学習ポイント学習ポイント

小ばなしを聞かせよう

  • トレンディエンジェル
  • 5人勢揃い

未来のある日。場所はHOTEL TRENDY。
健と結衣がJoannに英語の話し方の特訓を受けています。
そこに現れたオーナー(トレンディエンジェル・斎藤司)と執事のたかしさん(トレンディエンジェル)。

たかし「おやおや!何をやってるんですか?」
オーナー「ご先祖様、なんでもう未来にいらっしゃるんですか?こいつ(たかしさん)の頭もこすってないのに!」
結衣「英語の小ばなしが上手になりたくて、泊まりで練習してたんです。」
オーナー「えっ?泊まりって…まさか…」
Joann「考えすぎ!もちろん部屋は別々だよ。」
オーナー「そうじゃなくて。タダで泊まらせたのか?」
たかし「そこ!?もちろんタダですよ!…(健と結衣に向かって小声で)ケチでハゲてるオーナーだからさ、ごめんね。」
オーナー「ハゲじゃねぇよ…」
Joann「さぁ、ケチな人は放っておいて、きょうも英語らしい話し方を身につけようね!」

前回の復習
  • 健
  • ジョークの英訳に困惑のお客様

前回の鳥縁屋での会話を思い出してみましょう。
お客様にジョークをリクエストされた健。
日本のダジャレを直訳して披露しましたが、まったく理解してもらえませんでした。
そこで、未来のHOTEL TRENDYにやってきて、英語の小ばなしを猛特訓。
健と結衣は英語ならではのリズムやイントネーションを意識した話し方を習得しました。

小ばなしをひとりでやってみよう(未来のホテル!HOTEL TRENDY)
  • 立川志の春さん
  • 立川志の春さん

前回は、健と結衣が2人で小ばなしを演じましたが、今回はひとりずつ小ばなしを演じてもらいます。
そのためのコツを、落語家・立川志の春さんに教えてもらいました。
志の春さんはアメリカの大学を卒業後に帰国し、商社に就職。
その後、落語家に転身したという経歴の持ち主です。
得意な英語を生かして、英語落語だけの独演会を定期的に開催しています。
日本語で演じるのと、英語で演じるのとでは、どのような違いがあるのでしょうか?

志の春「ボディランゲージがだいぶ変わってきますね。日本のほうがしぐさはあまりないので。例えば『なぜだい?』と言うときには日本語ではそのまま言うだけですけど、英語で『Why?』と言うときには、自然と(ジェスチャーをして)こういうふうになりますよね。これが日本の落語に出てきたらすごく違和感のあるしぐさですよね。」

志の春さんが教えてくれた、英語落語のコツは2つ。
1つめは、つなげて読むこと。
Where did you go?」というセリフを例に考えてみましょう。
「どこに行ってたんだよ?」という意味で言うときには、単語の間をつめて、ひとまとめとして言います。
しかし、どこに行っていたのか知っているけれど、あえて言わせるニュアンスのときには、
単語をひとつひとつ、ねっちりとした表情と言い方を意識するそうです。
このように、間の取り方に変化をつけるのが2つめのコツ!
これらのコツは「日本語でも変わらないかもしれませんが、英語のほうが幅が広いように感じる」と志の春さんは言います。

  • オーナーの身振り手振り
  • たかしさんとJoann

健「確かに、身ぶり手ぶりは全然違うかもね。」
結衣「日本語だと、身ぶりは少ないよね。」
オーナー「でも、オレなんて外国慣れしちゃってるから、身ぶり手ぶりはこんな感じだぜ!… I want you! I need you!! I love you!!!
たかし「そんな大げさな人、海外でもいないでしょ!」
Joann「いないいない!(でも)志の春さんがつなげて読む(のがコツだ)って言ってたけど、オーナーが言ったI want you. I need you. I love you.の“want you” “need you” “love you”の部分も単語がつながってるよね。」
健&結衣「ほんとだ〜!」
たかし「こういう、つなげて読む言葉って他に思いつくかな?」
健「Come on. とか!」
結衣「Stand up.
Joann「他にも、番組でいつも使っている Check it out. は3つの単語をつなげて言っているよね。」

Today’s Mission!「ひとりで英語落語をやってみよう!」
  • 英語落語に挑戦
  • 健と結衣、そしてオーナー

今回は、健と結衣、そしてオーナーに、英語落語に挑戦してもらいます。
挑戦してもらう小ばなしは、「かなづち」。
ある店の女将が、店の床からクギが飛び出しているのを見つけます。
そこで、奉公人の定吉を呼び、隣の家からかなづちを借りてくるように言いつけます。
ところが、手ぶらで戻ってきた定吉。
クギがかなづちに傷をつけるから貸せないと言われたようです。
ケチな人だ!と女将さんは怒ります。
…さて、この話の続きを健と結衣にそれぞれ演じてもらいます!

  • 健
  • 結衣

Sadakichi! Come here! (定吉、来なさい。)
What is it? (なんでしょう?)
Look at this nail. Go next door and borrow a hammer. (このクギをご覧。隣の家からかなづちを借りてきなさい。)
(うなづいて、隣の家に向かう定吉。しかし、定吉は手ぶらで戻ってきます。)
Where is the hammer? (かなづちはどこだい?)
Well, they didn't lend it to me. (貸してくれなかったんです。)
Why not? (なぜだい?)
They said, “A nail will put a scratch on the hammer.” (「クギがかなづちに傷をつけるだろ」と。)
How mean! In that case, go and get our hammer. (なんてケチな!じゃあ…うちのかなづちを取ってきなさい。)

ポイントは、語尾を上げるなど抑揚をつけて話すように心がけること。
また、「Look at」や「lend it to」はつなげて言うと、よりよくなりますよ!

  • オーナー
  • 過去へタイムスリップ!

それでは、最後にオーナー!
オーナーはストーリーを少し変えてきたようです。

Sadakichi! Come here!
What is it?
Look at this nail. Go next door and borrow a hammer.
(うなずいて、隣の家に向かう定吉。しかし、定吉は手ぶらで戻ってきます。)
Where is the hammer?
Well, they didn't lend it to me.
Why not?
They said, “A nail will put a scratch on the hammer.”
How mean! In that case, I will use my teeth to pull out the nail!

オチの意味はわかりましたか?
「私が歯でクギを抜こうじゃないか」とオーナーは言ったようですが…

Joann「まぁ、オーナーの落語は忘れていいから、さっそく鳥縁屋に戻ってお客様を小ばなしで楽しませてきて!」
たかし「それでは2人、いってらっしゃ〜い☆」
たかしは健と結衣のおでこをこすって、2人を過去へと送り込みました。

ご先祖様の宿「鳥縁屋」
  • 小ばなし披露
  • 健

過去に戻った健は、お客様に小ばなしを披露しました。
無事にお客様にも笑ってもらえてひと安心!

JoannのSmall Talk with Big Names
  • 現地の人と進んで寝食を共にする川原さん
  • 川原さんとJoann

ゲストは、医師でNGO代表の川原尚行さん。
内戦が長く続いたアフリカ・スーダンで、医療を受けられない人々に医療を届ける活動をしています。
その活動は、井戸掘りや学校づくりの事業にまで及んでいます。
現地の人と進んで寝食を共にする川原さん。
宗教もまったく異なる国でのコミュニケーション術について聞きました!

川原「イスラム教のラマダンの時期は断食をするんです。日中は食べたり飲んだりすることができません。」
Joann「暑いときも?」
川原「そうです。日が沈んだら食事をとります。簡素な食事ですが、皆で一緒に楽しみます。食事のあとのお祈りにも私は参加します。彼らは『アラーは偉大なり』、私は『お天道様ありがとう』と神に感謝するんです。私はイスラム教徒ではなく仏教徒です。だから私はお天道様に感謝するんです。」
Joann「同じ宗教ではないけれど、一緒にお祈りして、川原さんはお天道様に、彼らはアラーに祈りをささげるんですね。コミュニケーションするときには、同じことを一緒に体験するということですね。現地の人に受け入れられたと感じることはありますか?」
川原「時々、スーダンの人から『あなたは本物のイスラム教徒だ』と言われます。私は違いますけどね。イスラム教徒は4人まで妻をめとることができるんです。それで女性を紹介してくるんです。」
Joann「この女性と結婚して、と?」
川原「でも、僕には日本に妻がいるんで!」
Joann「それは現地の人たちに仲間だと認められたということですね。溶け込んでいる証拠ですね。皆様ご安心を。(川原さんの)奥様は一人です。」
川原「信じてください(笑)」

次回は、川原さんの将来の夢について聞きます!

阿野先生のワンポイントLesson☆
  • トレンディエンジェル
  • 阿野先生

夜も更けたHOTEL TRENDYでは大人の時間が流れています。
オーナー「落語って楽しいですよね!もう、いつコンビ解消してもOKですね☆」
たかし「(オーナーの頭を叩いて)こら、こら、こら!!!」
オーナー「あいててて。。。」
先生「ところで、きょうの小ばなしの中に『借りる』という意味の単語が出てきましたよね。」
オーナー「borrowですよね。」
先生「『借りる』という意味をもつ単語は他にもあるんですけど、ご存じですか?」
オーナー&たかし「…借りる?」
先生「DVDをお店などで借りるとき、何ていいますか?」
たかし「rental!
先生「そうなんです。rentalの動詞rentも“借りる”という意味なんです。では、borrowrentの違いってわかりますか?」
オーナー「(おなかの辺りを指して)ここまで出てるんですけど…」
たかし「全然出てないけど…」
先生「はい、(正解は)borrowは『無料で借りる』、rentは『お金を払って借りる』という違いがあります。」
オーナー「じゃあ、友だちの家でトイレを借りるのは、タダで借りるんだからborrow the bathroomって言うんですね!」
先生「残念ながら違うんですね。borrow(動かせるものを)借りるときに使うんですよね。もし“Can I borrow your bathroom?”って言ってしまうと、『おたくのトイレを(どこかへ)持って行っていいですか?』という変なニュアンスになってしまいます。」
たかし「ずいぶん大がかりなトイレ拝借になってしまいますね。」
オーナー「でもじゃあ、どう言えばいいんですか?」
先生「そんなときは『使う』という意味のuseを使って、“Can I use your bathroom?”って聞けばいいですよね。」
オーナー「なるほど。…たかし…Can I borrow your hair?
たかし「Borrow? No! You have to pay for it!
オーナー「... How much?
たかし「One hundred yen!
オーナー「May I borrow one hundred yen?
先生「100円ですか…ちょっと私、ごめんなさい、お小遣い50円なんで…」
オーナー&たかし「えぇっ!??」

それでは次回もお楽しみに!

科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約