NHK高校講座

地学基礎

Eテレ 毎週 水曜日 午後2:40〜3:00
※この番組は、2019年度の新作です。

地学基礎

Eテレ 毎週 水曜日 午後2:40〜3:00
※この番組は、2019年度の新作です。

今回の学習

地球の形と大きさ

Adobe Flash Player を取得
  • かつて地球は平らだと考えられていた(1分41秒)
  • 地球の形(3分2秒)
  • 地球が球体だとわかったわけ(北極星と船)(4分14秒)
  • 月食からも地球が球体だとわかる(1分18秒)
  • 地球の大きさ(4分42秒)
  • 地球の詳しい形と重力(4分6秒)
  • 今回のまとめ(53秒)
  • 1/7
    かつて地球は平らだと考えられていた(1分41秒)
  • 2/7
    地球の形(3分2秒)
  • 3/7
    地球が球体だとわかったわけ(北極星と船)(4分14秒)
  • 4/7
    月食からも地球が球体だとわかる(1分18秒)
  • 5/7
    地球の大きさ(4分42秒)
  • 6/7
    地球の詳しい形と重力(4分6秒)
  • 7/7
    今回のまとめ(53秒)

 人々は,大昔から自分たちの足元に広がる地球の姿を想像していました。15世紀には探検家が航海によって地球が球形であることを実証し,20世紀には宇宙からその姿を眺められるようになりました。地球科学の発展にともなって,現在ではその形や大きさをより正確かつ詳細に知ることができます。地球の姿やその調べ方を知ることで,地球自体に対する理解が深まります。地球の大きさを実感し,地球規模の空間を想像してみましょう。

  • 慶應義塾高等学校教諭 松本 直記
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約