NHK高校講座

地学基礎

Eテレ 毎週 水曜日 午後2:40〜3:00
※この番組は、2019年度の新作です。

地学基礎

Eテレ 毎週 水曜日 午後2:40〜3:00
※この番組は、2019年度の新作です。

今回の学習

恒星の進化とその最後

Adobe Flash Player を取得
  • 今日のテーマは「星の誕生」(1分56秒)
  • 星雲と星の誕生(5分43秒)
  • 赤色巨星(4分12秒)
  • 超新星爆発(4分23秒)
  • ガスから生まれる新しい星(2分39秒)
  • 今回のまとめ(1分3秒)
  • 1/6
    今日のテーマは「星の誕生」(1分56秒)
  • 2/6
    星雲と星の誕生(5分43秒)
  • 3/6
    赤色巨星(4分12秒)
  • 4/6
    超新星爆発(4分23秒)
  • 5/6
    ガスから生まれる新しい星(2分39秒)
  • 6/6
    今回のまとめ(1分3秒)

太陽のようにみずから輝いている星を「恒星」とよびます。恒星は、宇宙空間に広がっていたガスが、重力によって引きつけあい集まることで誕生しました。
星はそれぞれ寿命を持っていて、どのような最後を迎えるかは星の質量に
よって異なります。例えば太陽の場合は、誕生から100 億年ほどたつと大きく膨らんで「赤色巨星」となり、さらに「白色矮星」という天体になります。太陽より質量が大きい星は、大きく膨らんだのちに「超新星爆発」を起こして一生を終えます。

  • 国立天文台准教授 青木 和光
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約