NHK高校講座

音楽T

ラジオ第2放送 毎週 木曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、前年度の再放送です。

音楽T

ラジオ第2放送 毎週 木曜日 午後8:10〜8:30
※この番組は、前年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第9回 糸が紡ぎ出す音楽 〜弦楽器に親しむ〜

問題 解答
Q1 次の3つのうち、ヴァイオリンについて正しく説明しているものを一つ選びなさい。
  • 松の木でできていて、弦が5本あり、弓には狐のしっぽの毛が使われている。
  • 柳の木でできていて、弦が6本あり、弓には馬のしっぽの毛が使われている。
  • 松の木でできていて、弦が4本あり、弓には馬のしっぽの毛が使われている。
Q2 次のうち、チェロについて正しく説明しているものを一つ選びなさい。
  • ヘ音記号だけでなく、ト音記号に達する音域をカバーすることができ、あごにはさんで座って弾く。
  • ヘ音記号だけでなく、ト音記号に達する音域をカバーすることができ、足の間にはさんで座って弾く。
  • ト音記号の音域だけしかカバーすることができず、足の間にはさんで座って弾く。
Q3 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの合奏の特徴について述べているものを一つ選びなさい。
  • 楽器は大型になるほど高い音を出すことができ、同じ仲間の楽器同士の音はよく溶け合い違和感がない。
  • 楽器は大型になるほど低い音を出すことができ、同じ仲間の楽器でも大きさが違うため、違和感が出てしまう。
  • 楽器は大型になるほど低い音を出すことができ、同じ仲間の楽器同士の音はよく溶け合い違和感がない。
Q1
次の3つのうち、ヴァイオリンについて正しく説明しているものを一つ選びなさい。
  • 松の木でできていて、弦が5本あり、弓には狐のしっぽの毛が使われている。
  • 柳の木でできていて、弦が6本あり、弓には馬のしっぽの毛が使われている。
  • 松の木でできていて、弦が4本あり、弓には馬のしっぽの毛が使われている。
Q2
次のうち、チェロについて正しく説明しているものを一つ選びなさい。
  • ヘ音記号だけでなく、ト音記号に達する音域をカバーすることができ、あごにはさんで座って弾く。
  • ヘ音記号だけでなく、ト音記号に達する音域をカバーすることができ、足の間にはさんで座って弾く。
  • ト音記号の音域だけしかカバーすることができず、足の間にはさんで座って弾く。
Q3
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの合奏の特徴について述べているものを一つ選びなさい。
  • 楽器は大型になるほど高い音を出すことができ、同じ仲間の楽器同士の音はよく溶け合い違和感がない。
  • 楽器は大型になるほど低い音を出すことができ、同じ仲間の楽器でも大きさが違うため、違和感が出てしまう。
  • 楽器は大型になるほど低い音を出すことができ、同じ仲間の楽器同士の音はよく溶け合い違和感がない。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約