NHK高校講座

古典

ラジオ第2放送 金曜日・土曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、2019年度の新作です。

古典

ラジオ第2放送 金曜日・土曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、2019年度の新作です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第40回 平家物語 (2) 〜忠度の都落ち(2)〜

問題 解答
Q1 「ゆめゆめ疎略を存ずまじう候ふ」とはどのような意味でしょうか?
  • このように会えるとは思ってもいなかった、という意味。
  • 忠度の思うところを尊重し、彼の歌を大切にする、という意味。
  • あなたの歌を残すことは到底無理な話だ、という意味。
Q2 俊成卿が自分の意思をくんでくれたと安堵する忠度の気持ちは、どのような表現で表されていますか?
  • 感涙おさへがたう候へ。
  • 浮き世に思ひ置くこと候はず。
  • 前途ほど遠し、思ひを雁山の夕べの雲に馳す。
Q3 当時の世の中で最終的に、忠度はどのような人として扱われたことがわかりますか?
  • 天皇のおとがめを受けた人。
  • 戦の中でも優れた歌を詠んだ人。
  • 師弟の絆を守り抜いた人。
Q1
「ゆめゆめ疎略を存ずまじう候ふ」とはどのような意味でしょうか?
  • このように会えるとは思ってもいなかった、という意味。
  • 忠度の思うところを尊重し、彼の歌を大切にする、という意味。
  • あなたの歌を残すことは到底無理な話だ、という意味。
Q2
俊成卿が自分の意思をくんでくれたと安堵する忠度の気持ちは、どのような表現で表されていますか?
  • 感涙おさへがたう候へ。
  • 浮き世に思ひ置くこと候はず。
  • 前途ほど遠し、思ひを雁山の夕べの雲に馳す。
Q3
当時の世の中で最終的に、忠度はどのような人として扱われたことがわかりますか?
  • 天皇のおとがめを受けた人。
  • 戦の中でも優れた歌を詠んだ人。
  • 師弟の絆を守り抜いた人。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約