NHK高校講座

古典

ラジオ第2放送 金曜日・土曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、2019年度の新作です。

古典

ラジオ第2放送 金曜日・土曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、2019年度の新作です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第31回 論語 〜三人行、必有我師焉〜 〜不敬何以別乎〜

問題 解答
Q1 孔子にとっての「師」とは、どのようなものだったのでしょうか?
  • 孔子を導けるほどの豊かな学識を持つ者。
  • いいところも悪いところも持った普通の人々。
  • 人々を導くための特別な資格を持った人。
Q2 「能く」とありますが、これはどのような意味を持つ語ですか?
  • ひんぱんに〜する
  • いい意味で〜する
  • 〜することができる
Q3 紹介した二つの文章からは、孔子がどのような「姿勢」を尊んだと考えられますか?
  • 人々の行動のいいところと悪いところを見極めて、社会を正していくという姿勢。
  • 人間であれ犬・馬であれ、自然な心の有り様・行動を大切にするという姿勢。
  • 他者との関わりという視点から、自分自身の心の有り様・行動を考えるという姿勢。
Q1
孔子にとっての「師」とは、どのようなものだったのでしょうか?
  • 孔子を導けるほどの豊かな学識を持つ者。
  • いいところも悪いところも持った普通の人々。
  • 人々を導くための特別な資格を持った人。
Q2
「能く」とありますが、これはどのような意味を持つ語ですか?
  • ひんぱんに〜する
  • いい意味で〜する
  • 〜することができる
Q3
紹介した二つの文章からは、孔子がどのような「姿勢」を尊んだと考えられますか?
  • 人々の行動のいいところと悪いところを見極めて、社会を正していくという姿勢。
  • 人間であれ犬・馬であれ、自然な心の有り様・行動を大切にするという姿勢。
  • 他者との関わりという視点から、自分自身の心の有り様・行動を考えるという姿勢。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約