NHK高校講座

古典

ラジオ第2放送 金曜日・土曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、2019年度の新作です。

古典

ラジオ第2放送 金曜日・土曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、2019年度の新作です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第24回 新古今和歌集

問題 解答
Q1 もとにあった歌をふまえて、その情感やイメージをふくらませて歌を詠むという表現技法を何というでしょうか?
  • 序詞
  • 本歌取り
  • 見立て
Q2 式子内親王の「玉の緒よ」の歌で、作者はどうして「自分の命よ絶えるなら絶えてしまえ」と激しく詠っているのでしょうか?
  • もはや隠すことができないほど、相手への恋心が募ってしまったから。
  • もともと恋心というものは、自分の胸に秘めておけるものではないから。
  • 自分の思いを黙って秘めておくと、いつかはそのことを後悔する日が来るから。
Q3 歌の「体言止め」などで残る余情からは、「新古今和歌集」のどのような歌風が感じられますか?
  • 幽玄
  • 繊細
  • 清新
Q1
もとにあった歌をふまえて、その情感やイメージをふくらませて歌を詠むという表現技法を何というでしょうか?
  • 序詞
  • 本歌取り
  • 見立て
Q2
式子内親王の「玉の緒よ」の歌で、作者はどうして「自分の命よ絶えるなら絶えてしまえ」と激しく詠っているのでしょうか?
  • もはや隠すことができないほど、相手への恋心が募ってしまったから。
  • もともと恋心というものは、自分の胸に秘めておけるものではないから。
  • 自分の思いを黙って秘めておくと、いつかはそのことを後悔する日が来るから。
Q3
歌の「体言止め」などで残る余情からは、「新古今和歌集」のどのような歌風が感じられますか?
  • 幽玄
  • 繊細
  • 清新
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約