NHK高校講座

古典

ラジオ第2放送 金曜日・土曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、2019年度の新作です。

古典

ラジオ第2放送 金曜日・土曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、2019年度の新作です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第16回 背水之陣 (2)

問題 解答
Q1 趙軍が城壁を空にして、攻めてきた理由は何ですか?
  • 漢軍にふもとを囲むように布陣され、攻撃するしかない状況に追い込まれたため。
  • 「背水の陣」へ逃げ込んだ漢軍を、一気にたたきつぶすため。
  • 井陘山には項羽がいないことを公開し、無駄な戦闘を避け和平に持ち込むため。
Q2 兵法に「之を死地に陥れて而る後に生き、之を亡地に置きて而る後に存す」とあるのを、韓信は実際どう具体化しましたか?
  • 自ら先頭に立って出撃することにより、兵士の士気を高め、共に戦う決意をさせた。
  • 楚の項羽のもとを離れ、敵対する漢の劉邦の配下に入ることで、自分の実力を試した。
  • 「背水の陣」を布き、兵士に生き残るには勝つしかない、という覚悟を決めさせた。
Q3 「背水の陣」という故事成語は、現在どのような意味で用いられていますか?
  • 物事の状況を把握して、それに基づいた判断を下し実行すること。
  • 一歩も退くことはできない追い詰められた立場で物事に当たること。
  • 圧倒的に不利な状況の中で、自ら培った英知を駆使し勝利を収めること。
Q1
趙軍が城壁を空にして、攻めてきた理由は何ですか?
  • 漢軍にふもとを囲むように布陣され、攻撃するしかない状況に追い込まれたため。
  • 「背水の陣」へ逃げ込んだ漢軍を、一気にたたきつぶすため。
  • 井陘山には項羽がいないことを公開し、無駄な戦闘を避け和平に持ち込むため。
Q2
兵法に「之を死地に陥れて而る後に生き、之を亡地に置きて而る後に存す」とあるのを、韓信は実際どう具体化しましたか?
  • 自ら先頭に立って出撃することにより、兵士の士気を高め、共に戦う決意をさせた。
  • 楚の項羽のもとを離れ、敵対する漢の劉邦の配下に入ることで、自分の実力を試した。
  • 「背水の陣」を布き、兵士に生き残るには勝つしかない、という覚悟を決めさせた。
Q3
「背水の陣」という故事成語は、現在どのような意味で用いられていますか?
  • 物事の状況を把握して、それに基づいた判断を下し実行すること。
  • 一歩も退くことはできない追い詰められた立場で物事に当たること。
  • 圧倒的に不利な状況の中で、自ら培った英知を駆使し勝利を収めること。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約