NHK高校講座

古典

ラジオ第2放送 金曜日・土曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、2019年度の新作です。

古典

ラジオ第2放送 金曜日・土曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、2019年度の新作です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第14回 朝三暮四

問題 解答
Q1 狙公の猿たちへの愛情は、どんなところから感じられますか?
  • 猿たちと狙公が互いに理解し合っていて、話ができるところ。
  • 狙公が、自分に猿たちが懐かなくなることを心配するところ。
  • 家族の食料を減らしてでも、猿たちのえさを確保するところ。
Q2 猿たちがひれ伏して喜んだのは、なぜですか?
  • 朝と夕のえさの数を入れ替えただけなのに、えさが増えたと勘違いしたから。
  • 猿たちがどんなにえさを欲しがっていたか、狙公だけは最後までわかってくれていたから。
  • えさの数を通して、人も動物も飢えに苦しんでいることを、狙公が示して見せたから。
Q3 「朝三暮四」は、現在どのような意味で用いられていますか?
  • 自分の真意を伝えるために、言葉を換え、態度を変えながら、一生懸命説得すること。
  • 目先の違いにとらわれ、結局は同じである点に気づかぬこと。言葉巧みに人を欺くこと。
  • 一見自分にとって不利なことでも、見方を変えることで有利に転ずるときがあること。
Q1
狙公の猿たちへの愛情は、どんなところから感じられますか?
  • 猿たちと狙公が互いに理解し合っていて、話ができるところ。
  • 狙公が、自分に猿たちが懐かなくなることを心配するところ。
  • 家族の食料を減らしてでも、猿たちのえさを確保するところ。
Q2
猿たちがひれ伏して喜んだのは、なぜですか?
  • 朝と夕のえさの数を入れ替えただけなのに、えさが増えたと勘違いしたから。
  • 猿たちがどんなにえさを欲しがっていたか、狙公だけは最後までわかってくれていたから。
  • えさの数を通して、人も動物も飢えに苦しんでいることを、狙公が示して見せたから。
Q3
「朝三暮四」は、現在どのような意味で用いられていますか?
  • 自分の真意を伝えるために、言葉を換え、態度を変えながら、一生懸命説得すること。
  • 目先の違いにとらわれ、結局は同じである点に気づかぬこと。言葉巧みに人を欺くこと。
  • 一見自分にとって不利なことでも、見方を変えることで有利に転ずるときがあること。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約