NHK高校講座

古典

ラジオ第2放送 金曜日・土曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、2019年度の新作です。

古典

ラジオ第2放送 金曜日・土曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、2019年度の新作です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第3回 古本説話集 〜平中が事〜

問題 解答
Q1 平中の「色好み」が感じられるところを、次から選ぶとするとどれですか?
  • 本当に好きな女の前では、決して涙を見せないところ。
  • 鼠のふんであっても、平気で口に入れることができるところ。
  • 夕方に女のもとに通うことが習慣になっているところ。
Q2 この文章には、「つ」「たり」という助動詞が多用されていますが、どのような意味ですか?
  • 「〜たい」という希望。
  • 「〜た」という完了。
  • 「〜だろう」という推量。
Q3 説話文学の最後が、「とぞ」で終わることが多いのはなぜですか?
  • 話に落ちをつけ一件落着させることによって、ハッピーエンドで終わらせるため。
  • 話の落ちを強調することによって聴き手に話を印象づけ、言動を自戒させるため。
  • 話を、語り手の作り話ではなく人々が語っている話とすることで、信ぴょう性を加えるため。
Q1
平中の「色好み」が感じられるところを、次から選ぶとするとどれですか?
  • 本当に好きな女の前では、決して涙を見せないところ。
  • 鼠のふんであっても、平気で口に入れることができるところ。
  • 夕方に女のもとに通うことが習慣になっているところ。
Q2
この文章には、「つ」「たり」という助動詞が多用されていますが、どのような意味ですか?
  • 「〜たい」という希望。
  • 「〜た」という完了。
  • 「〜だろう」という推量。
Q3
説話文学の最後が、「とぞ」で終わることが多いのはなぜですか?
  • 話に落ちをつけ一件落着させることによって、ハッピーエンドで終わらせるため。
  • 話の落ちを強調することによって聴き手に話を印象づけ、言動を自戒させるため。
  • 話を、語り手の作り話ではなく人々が語っている話とすることで、信ぴょう性を加えるため。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約