NHK高校講座

現代文

ラジオ第2放送 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、前年度の再放送です。

現代文

ラジオ第2放送 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、前年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第83回 山月記 (7)

問題 解答
Q1 「刻苦をいとう怠惰」とは、李徴がどのようであったことを表しているか。次の中から一つ選びなさい。
  • 切磋琢磨に努めてこなかったということ。
  • 才能を空費してしまったということ。
  • 妻子を苦しめ、友人を傷つけたということ。
Q2 「傷つきやすい内心」とはどんなものであったか。次の中から一つ選びなさい。
  • 空費してしまった過去に対する後悔。
  • 臆病な自尊心と尊大な羞恥心。
  • 人間でなくなってしまう悲しみ。
Q3 「人間は誰でも猛獣使い」であるとはどういうことか。次の中から一つ選びなさい。
  • 人間は勇猛果敢な精神をいつの間にか身につけながら生きているということ。
  • 人間は常に孤独を感じており、他者の助けを必要としながら生きているということ。
  • 人間は心の中に潜む葛藤や苦しみなどをコントロールして生きているということ。
Q1
「刻苦をいとう怠惰」とは、李徴がどのようであったことを表しているか。次の中から一つ選びなさい。
  • 切磋琢磨に努めてこなかったということ。
  • 才能を空費してしまったということ。
  • 妻子を苦しめ、友人を傷つけたということ。
Q2
「傷つきやすい内心」とはどんなものであったか。次の中から一つ選びなさい。
  • 空費してしまった過去に対する後悔。
  • 臆病な自尊心と尊大な羞恥心。
  • 人間でなくなってしまう悲しみ。
Q3
「人間は誰でも猛獣使い」であるとはどういうことか。次の中から一つ選びなさい。
  • 人間は勇猛果敢な精神をいつの間にか身につけながら生きているということ。
  • 人間は常に孤独を感じており、他者の助けを必要としながら生きているということ。
  • 人間は心の中に潜む葛藤や苦しみなどをコントロールして生きているということ。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約