NHK高校講座

現代文

ラジオ第2放送 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、前年度の再放送です。

現代文

ラジオ第2放送 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、前年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第81回 山月記 (5)

問題 解答
Q1 李徴が詩作に執着した理由として適するものを、次の中から一つ選びなさい。
  • 妻子を養うために、詩の才能に頼らざるを得なかったから。
  • 詩作に魅了され、純粋にその芸術世界を追求したかったから。
  • 自分の詩が評価され、詩人としての名を残したかったから。
Q2 李徴の詩を一読した袁傪は、その作品に対しどのような評価をしたのか。次の中から一つ選びなさい。
  • 作者の非凡な才能が認められるが、一流の作品として何かが欠けていると感じられた。
  • 詩の品格に優れており、作品を世に残せないのはあまりに惜しいことだと感じられた。
  • 作者は作品に自信と誇りを持っているが、それに反して凡庸な出来栄えだと感じられた。
Q3 袁傪に詩を伝えた李徴が「自らを嘲る」とは、何に対してのことであったか。次の中から一つ選びなさい。
  • 実は平凡であった自分の詩の才能。
  • 詩人になり損なった自分の境遇。
  • 友の存在を認めなかった自分の人間性。
Q1
李徴が詩作に執着した理由として適するものを、次の中から一つ選びなさい。
  • 妻子を養うために、詩の才能に頼らざるを得なかったから。
  • 詩作に魅了され、純粋にその芸術世界を追求したかったから。
  • 自分の詩が評価され、詩人としての名を残したかったから。
Q2
李徴の詩を一読した袁傪は、その作品に対しどのような評価をしたのか。次の中から一つ選びなさい。
  • 作者の非凡な才能が認められるが、一流の作品として何かが欠けていると感じられた。
  • 詩の品格に優れており、作品を世に残せないのはあまりに惜しいことだと感じられた。
  • 作者は作品に自信と誇りを持っているが、それに反して凡庸な出来栄えだと感じられた。
Q3
袁傪に詩を伝えた李徴が「自らを嘲る」とは、何に対してのことであったか。次の中から一つ選びなさい。
  • 実は平凡であった自分の詩の才能。
  • 詩人になり損なった自分の境遇。
  • 友の存在を認めなかった自分の人間性。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約