NHK高校講座

現代文

ラジオ第2放送 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、前年度の再放送です。

現代文

ラジオ第2放送 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、前年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第80回 山月記 (4)

問題 解答
Q1 「古い宮殿の礎がしだいに土砂に埋没するように」とは、どんな様子をたとえた表現か。次の中から一つ選びなさい。
  • 虎となった行いを隠そうとする様子。
  • 人間の心が少しずつ失われていく様子。
  • 人間であったことを疑問に思う様子。
Q2 李徴は「人間の心がすっかり消えてしまう」ことを、本心としてどのように感じているのか。次の中から一つ選びなさい。
  • この上ない幸せである。
  • 恐ろしく悲しい。
  • 不甲斐なく情けない。
Q3 「自分の中にいる『虎』」とは、どんなものだと考えられるか。放送内における説明として適するものを、次の中から一つ選びなさい。
  • 人間が失ってしまった野性的な感覚を呼び覚ます存在。
  • 人間の能力をはるかに超越した力を持った凛々しく勇猛な存在。
  • 人間として持っていたくないマイナスの感情が変化した存在。
Q1
「古い宮殿の礎がしだいに土砂に埋没するように」とは、どんな様子をたとえた表現か。次の中から一つ選びなさい。
  • 虎となった行いを隠そうとする様子。
  • 人間の心が少しずつ失われていく様子。
  • 人間であったことを疑問に思う様子。
Q2
李徴は「人間の心がすっかり消えてしまう」ことを、本心としてどのように感じているのか。次の中から一つ選びなさい。
  • この上ない幸せである。
  • 恐ろしく悲しい。
  • 不甲斐なく情けない。
Q3
「自分の中にいる『虎』」とは、どんなものだと考えられるか。放送内における説明として適するものを、次の中から一つ選びなさい。
  • 人間が失ってしまった野性的な感覚を呼び覚ます存在。
  • 人間の能力をはるかに超越した力を持った凛々しく勇猛な存在。
  • 人間として持っていたくないマイナスの感情が変化した存在。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約