NHK高校講座

現代文

ラジオ第2放送 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、前年度の再放送です。

現代文

ラジオ第2放送 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、前年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第66回 食事 (高階杞一)

問題 解答
Q1 第一連における、「ぼく」の視点についての説明として適するものを、次の中から一つ選びなさい。
  • 猫の視点から人間の視点へ転換した。
  • 人間の視点から猫の視点へ転換した。
  • 他人の視点と重ね合わせていった。
Q2 「人間よりずっと下の方から猫は/この世を見つめているんだ」とあるが、「ぼく」は、猫がこの世界をどのように生きていると感じているのか。次の中から一つ選びなさい。
  • 不安を感じながら怯えている。
  • 自由で気ままに暮らしている。
  • 力が衰えてしまい絶望している。
Q3 「箸が/ゆっくりと下りてくる」とはどんなことをたとえているのか。次の中から一つ選びなさい。
  • 身動きがとれなくなるということ。
  • 何か巨大な存在が現れるということ。
  • 救いの手を差し伸べられるということ。
Q1
第一連における、「ぼく」の視点についての説明として適するものを、次の中から一つ選びなさい。
  • 猫の視点から人間の視点へ転換した。
  • 人間の視点から猫の視点へ転換した。
  • 他人の視点と重ね合わせていった。
Q2
「人間よりずっと下の方から猫は/この世を見つめているんだ」とあるが、「ぼく」は、猫がこの世界をどのように生きていると感じているのか。次の中から一つ選びなさい。
  • 不安を感じながら怯えている。
  • 自由で気ままに暮らしている。
  • 力が衰えてしまい絶望している。
Q3
「箸が/ゆっくりと下りてくる」とはどんなことをたとえているのか。次の中から一つ選びなさい。
  • 身動きがとれなくなるということ。
  • 何か巨大な存在が現れるということ。
  • 救いの手を差し伸べられるということ。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約