NHK高校講座

現代文

ラジオ第2放送 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、前年度の再放送です。

現代文

ラジオ第2放送 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、前年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第62回 折々のうた (1) (大岡 信)

問題 解答
Q1 「折々のうた」を読んでいくときに注意すべきこととして適するものを、次の中から一つ選びなさい。
  • 取り上げられている短歌や俳句と筆者の経験との関連を理解すること。
  • 短歌や俳句の表現技法に注目し、その効果について比較検討すること。
  • 短歌や俳句そのものの解釈と合わせて、筆者の解釈を読み解いていくこと。
Q2 「しんしんと肺碧きまで海の旅」「ものの種子にぎればいのちひしめける」の二句に共通して関わりのある事柄として適するものを、次の中から一つ選びなさい。
  • 新興俳句運動。
  • 無季俳句。
  • 客観写生。
Q3 「ぼうたんの百のゆるるは湯のように」の句で、筆者が「奇抜な比喩」と評した「湯のように」とは何をたとえたものか。次の中から一つ選びなさい。
  • 暖かい牡丹園の光景。
  • 可憐に咲く一輪の牡丹。
  • 咲き乱れる白い牡丹。
Q1
「折々のうた」を読んでいくときに注意すべきこととして適するものを、次の中から一つ選びなさい。
  • 取り上げられている短歌や俳句と筆者の経験との関連を理解すること。
  • 短歌や俳句の表現技法に注目し、その効果について比較検討すること。
  • 短歌や俳句そのものの解釈と合わせて、筆者の解釈を読み解いていくこと。
Q2
「しんしんと肺碧きまで海の旅」「ものの種子にぎればいのちひしめける」の二句に共通して関わりのある事柄として適するものを、次の中から一つ選びなさい。
  • 新興俳句運動。
  • 無季俳句。
  • 客観写生。
Q3
「ぼうたんの百のゆるるは湯のように」の句で、筆者が「奇抜な比喩」と評した「湯のように」とは何をたとえたものか。次の中から一つ選びなさい。
  • 暖かい牡丹園の光景。
  • 可憐に咲く一輪の牡丹。
  • 咲き乱れる白い牡丹。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約