NHK高校講座

現代文

ラジオ第2放送 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、前年度の再放送です。

現代文

ラジオ第2放送 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、前年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第37回 こころ (3)

問題 解答
Q1 「K」の告白とは何であったか。次の中から一つ選びなさい。
  • 自分自身の学問上の悩み
  • お嬢さんへの切ない恋
  • 私の援助に対する感謝
Q2 お嬢さんへの恋を「私」に打ち明けた「K」の様子はどのようであったか。次の中から一つ選びなさい。
  • 恋愛感情を抱くのは新鮮なことで、気分が高揚していた。
  • 親友になるべく早く告げなければと思い、焦っていた。
  • 恋心を認め、それを口にしてよいものかどうか迷っていた。
Q3 「彼の魔法棒のために一度に化石されたようなものです」という表現は、「私」のどんな様子を表しているか。次の中から一つ選びなさい。
  • Kの告白があまりに不可解で、自分の耳を疑ってしまった。
  • Kの告白の衝撃の大きさに言葉を失い、硬直化してしまった。
  • Kの告白を予想通りのものとして、冷静に受け止めていた。
Q1
「K」の告白とは何であったか。次の中から一つ選びなさい。
  • 自分自身の学問上の悩み
  • お嬢さんへの切ない恋
  • 私の援助に対する感謝
Q2
お嬢さんへの恋を「私」に打ち明けた「K」の様子はどのようであったか。次の中から一つ選びなさい。
  • 恋愛感情を抱くのは新鮮なことで、気分が高揚していた。
  • 親友になるべく早く告げなければと思い、焦っていた。
  • 恋心を認め、それを口にしてよいものかどうか迷っていた。
Q3
「彼の魔法棒のために一度に化石されたようなものです」という表現は、「私」のどんな様子を表しているか。次の中から一つ選びなさい。
  • Kの告白があまりに不可解で、自分の耳を疑ってしまった。
  • Kの告白の衝撃の大きさに言葉を失い、硬直化してしまった。
  • Kの告白を予想通りのものとして、冷静に受け止めていた。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約