NHK高校講座

現代文

ラジオ第2放送 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、前年度の再放送です。

現代文

ラジオ第2放送 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、前年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第36回 こころ (2)

問題 解答
Q1 「私」が深く傷つき絶望した事柄とは何だったか。次の中から一つ選びなさい。
  • 従妹との縁談を勝手に決められてしまったこと。
  • 両親を失い、叔父の家に預けられたこと。
  • 信頼していた叔父に財産を横領されたこと。
Q2 「K」の人物像と「私」との関係についての説明として適切なものを、次の中から一つ選びなさい。
  • Kは真面目だが学問に秀でておらず、私は常に優越感を持っていた。
  • Kは我が強く極めて強情な人物で、私はその性格を軽蔑していた。
  • Kは独立心が強く向上心のある人物で、私が一目置く存在であった。
Q3 「先生」の学生当時の大学に関わる説明として適切なものを、次の中から一つ選びなさい。
  • 大学で学べるのは全国でごく一部の人間であり、経済的な余裕も必要であった。
  • 地方に大学が増えてきた頃であり、地方の人間にも学ぶ機会が広がり始めた。
  • 大学で学べる領域には限りがあり、医学を学ぶのが一般的であった。
Q1
「私」が深く傷つき絶望した事柄とは何だったか。次の中から一つ選びなさい。
  • 従妹との縁談を勝手に決められてしまったこと。
  • 両親を失い、叔父の家に預けられたこと。
  • 信頼していた叔父に財産を横領されたこと。
Q2
「K」の人物像と「私」との関係についての説明として適切なものを、次の中から一つ選びなさい。
  • Kは真面目だが学問に秀でておらず、私は常に優越感を持っていた。
  • Kは我が強く極めて強情な人物で、私はその性格を軽蔑していた。
  • Kは独立心が強く向上心のある人物で、私が一目置く存在であった。
Q3
「先生」の学生当時の大学に関わる説明として適切なものを、次の中から一つ選びなさい。
  • 大学で学べるのは全国でごく一部の人間であり、経済的な余裕も必要であった。
  • 地方に大学が増えてきた頃であり、地方の人間にも学ぶ機会が広がり始めた。
  • 大学で学べる領域には限りがあり、医学を学ぶのが一般的であった。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約