NHK高校講座

現代文

ラジオ第2放送 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、前年度の再放送です。

現代文

ラジオ第2放送 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、前年度の再放送です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第35回 こころ (1) (夏目漱石)

問題 解答
Q1 小説「こころ」の下「先生と遺書」の本文(手紙)は、だれがだれに宛てたものか。次の中から一つ選びなさい。
  • 「先生」が「学生の私」に宛てたもの
  • 「学生の私」が「先生」に宛てたもの
  • 「先生」が「妻」に宛てたもの
Q2 上「先生と私」の部分から読み取れる「先生」の人物像として適切なものを、次の中から一つ選びなさい。
  • 社交的で、世代や考えの違う人ともすぐに打ち解け合えるような人物。
  • 世俗的なところがなく、どこか暗い過去を背負っているような人物。
  • 恋愛には奥手であるが、常に理想や憧れを抱いている純粋な人物。
Q3 「私」の就職について、「父」と「私」の考え方として適切な説明を、次の中から一つ選びなさい。
  • 父は家業を継いでもらうことを望んだが、私は東京での仕事を探そうとしていた。
  • 父は早く仕事に就くことを願っていたが、私にはあまりその気がなかった。
  • 父は慎重に職を探すよう願い忠告したが、私は適職がわからず焦り始めていた。
Q1
小説「こころ」の下「先生と遺書」の本文(手紙)は、だれがだれに宛てたものか。次の中から一つ選びなさい。
  • 「先生」が「学生の私」に宛てたもの
  • 「学生の私」が「先生」に宛てたもの
  • 「先生」が「妻」に宛てたもの
Q2
上「先生と私」の部分から読み取れる「先生」の人物像として適切なものを、次の中から一つ選びなさい。
  • 社交的で、世代や考えの違う人ともすぐに打ち解け合えるような人物。
  • 世俗的なところがなく、どこか暗い過去を背負っているような人物。
  • 恋愛には奥手であるが、常に理想や憧れを抱いている純粋な人物。
Q3
「私」の就職について、「父」と「私」の考え方として適切な説明を、次の中から一つ選びなさい。
  • 父は家業を継いでもらうことを望んだが、私は東京での仕事を探そうとしていた。
  • 父は早く仕事に就くことを願っていたが、私にはあまりその気がなかった。
  • 父は慎重に職を探すよう願い忠告したが、私は適職がわからず焦り始めていた。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約