NHK高校講座

現代文

ラジオ第2放送 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、2020年度の新作です。

現代文

ラジオ第2放送 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、2020年度の新作です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第6回 「私」という「自分」(2)

問題 解答
Q1 筆者は「強い私」が存在するために必要なものは何であると考えているか。次の中から一つ選びなさい。
  • 「強い私」を認識してくれる「自分以外の他者」。
  • 「強い私」を生み出すことのできる架空の世界。
  • 他者よりも「私は強い」と考える自分の信念。
Q2 「『誰かの役に立ちたい』というのは、自分自身がこの世界に生きている意味を手に入れるため」という考えのことを、筆者はどのように表現していたか。次の中から一つ選びなさい。
  • 「自分らしく生きる」
  • 「『私』という自分は、『他者』によって生かされている」
  • 「ほとんど利己的とさえ呼べるほどの希望」
Q3 筆者にとって「自分らしく生きる」ということはどんなことか。次の中から一つ選びなさい。
  • 死を怖れ、常に生に対する未練を抱えて過ごすこと。
  • 「自分」という人間が存在したことを、他者の心の中に残すこと。
  • 自分の思いを作品として伝え、他者にとって「意味のある存在」となること。
Q1
筆者は「強い私」が存在するために必要なものは何であると考えているか。次の中から一つ選びなさい。
  • 「強い私」を認識してくれる「自分以外の他者」。
  • 「強い私」を生み出すことのできる架空の世界。
  • 他者よりも「私は強い」と考える自分の信念。
Q2
「『誰かの役に立ちたい』というのは、自分自身がこの世界に生きている意味を手に入れるため」という考えのことを、筆者はどのように表現していたか。次の中から一つ選びなさい。
  • 「自分らしく生きる」
  • 「『私』という自分は、『他者』によって生かされている」
  • 「ほとんど利己的とさえ呼べるほどの希望」
Q3
筆者にとって「自分らしく生きる」ということはどんなことか。次の中から一つ選びなさい。
  • 死を怖れ、常に生に対する未練を抱えて過ごすこと。
  • 「自分」という人間が存在したことを、他者の心の中に残すこと。
  • 自分の思いを作品として伝え、他者にとって「意味のある存在」となること。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約