NHK高校講座

現代文

ラジオ第2放送 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、2020年度の新作です。

現代文

ラジオ第2放送 月曜日・火曜日 午後7:30 〜7:50
※この番組は、2020年度の新作です。

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第5回 「私」という「自分」(1) (鷺沢 萠)

問題 解答
Q1 筆者が考えている「『自分』がしたいこと」として適するものを、次の中から一つ選びなさい。
  • 目の前のことをやらなければならないと思うこと。
  • 誰かにとって「意味のある存在」でいること。
  • 「自分らしく生きている」ことを実感すること。
Q2 バス停で筆者が「奇跡のように感じたこと」とは、実際にはどんなことだったのか。次の中から一つ選びなさい。
  • 英語しか話せない筆者の言葉が、運転手に伝わったこと。
  • 筆者が現金を差し出したら、乗車を拒否されてしまったこと。
  • 親切なおばさんが、筆者の分のクーポンを払ってくれたこと。
Q3 筆者にとって名も知らないおばさんが「意味のある存在」となったのはどんなことによるか。次の中から一つ選びなさい。
  • 出会ったあとも長く付き合うようになったこと。
  • 「ありがとう」という感謝の気持ちが生まれたこと。
  • 困っている誰かを助けたいと思うようになったこと。
Q1
筆者が考えている「『自分』がしたいこと」として適するものを、次の中から一つ選びなさい。
  • 目の前のことをやらなければならないと思うこと。
  • 誰かにとって「意味のある存在」でいること。
  • 「自分らしく生きている」ことを実感すること。
Q2
バス停で筆者が「奇跡のように感じたこと」とは、実際にはどんなことだったのか。次の中から一つ選びなさい。
  • 英語しか話せない筆者の言葉が、運転手に伝わったこと。
  • 筆者が現金を差し出したら、乗車を拒否されてしまったこと。
  • 親切なおばさんが、筆者の分のクーポンを払ってくれたこと。
Q3
筆者にとって名も知らないおばさんが「意味のある存在」となったのはどんなことによるか。次の中から一つ選びなさい。
  • 出会ったあとも長く付き合うようになったこと。
  • 「ありがとう」という感謝の気持ちが生まれたこと。
  • 困っている誰かを助けたいと思うようになったこと。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約