NHK高校講座

日本史

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第29回 立憲国家を目指して

問題 解答
Q1 自由民権運動や運動への政府の対応に関する文のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 1874年、板垣退助は民撰議院設立建白書を政府に提出して国会開設を政府に要求する一方、高知で愛国社を結成して自由民権運動の普及に努めた。
  • 士族中心であった民権運動はその後、商工業者や地主なども参加する全国的な国民運動へと発展したため、政府は集会条例を制定して運動を抑えようとした。
  • 政府が自由民権運動を弾圧した背景には、不平等条約の改正が最優先であるとの認識があり、憲法制定や国会開設は条約改正後に取り組むべき問題と考えられていた。
Q2 明治十四年の政変とその前後のできごとに関する文のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 政府の長官が民間の施設を高価で買い取るという噂が流れ、伊藤博文はその情報を流したとして大隈重信を政府から追放する一方、国民に9年後の国会開設を約束した。
  • 明治十四年の政変の後、内閣制度が創設されて伊藤博文は初代内閣総理大臣に就任し、伊藤の主導のもとで憲法制定の準備が進められていった。
  • 国会開設の勅諭が出されると政党の結成も進んでいった。大隈重信は自由党を、板垣退助は立憲改進党を、また福地源一郎らは立憲帝政党をそれぞれ結成した。
Q3 憲法制定の過程に関する文のうち、誤っているものを1つ選べ。
  • 憲法や議会制度の調査のためヨーロッパに渡った伊藤博文たちは、宰相ビスマルクのもと、強力な君主主義により強国となったドイツを憲法作成の手本にしようと考えた。
  • 伊藤博文たちはウィーン大学教授のシュタインに学び、彼は王による君主主義を理想としていた。その理想は天皇の権限を重視したいと考える伊藤の参考となった。
  • 内閣制度設立の前年、華族令が制定された。華族や国家に功績のあった人々に爵位が与えられ、こうして議院の一つである衆議院の選出母体が作られていった。
Q1
自由民権運動や運動への政府の対応に関する文のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 1874年、板垣退助は民撰議院設立建白書を政府に提出して国会開設を政府に要求する一方、高知で愛国社を結成して自由民権運動の普及に努めた。
  • 士族中心であった民権運動はその後、商工業者や地主なども参加する全国的な国民運動へと発展したため、政府は集会条例を制定して運動を抑えようとした。
  • 政府が自由民権運動を弾圧した背景には、不平等条約の改正が最優先であるとの認識があり、憲法制定や国会開設は条約改正後に取り組むべき問題と考えられていた。
Q2
明治十四年の政変とその前後のできごとに関する文のうち、正しいものを1つ選べ。
  • 政府の長官が民間の施設を高価で買い取るという噂が流れ、伊藤博文はその情報を流したとして大隈重信を政府から追放する一方、国民に9年後の国会開設を約束した。
  • 明治十四年の政変の後、内閣制度が創設されて伊藤博文は初代内閣総理大臣に就任し、伊藤の主導のもとで憲法制定の準備が進められていった。
  • 国会開設の勅諭が出されると政党の結成も進んでいった。大隈重信は自由党を、板垣退助は立憲改進党を、また福地源一郎らは立憲帝政党をそれぞれ結成した。
Q3
憲法制定の過程に関する文のうち、誤っているものを1つ選べ。
  • 憲法や議会制度の調査のためヨーロッパに渡った伊藤博文たちは、宰相ビスマルクのもと、強力な君主主義により強国となったドイツを憲法作成の手本にしようと考えた。
  • 伊藤博文たちはウィーン大学教授のシュタインに学び、彼は王による君主主義を理想としていた。その理想は天皇の権限を重視したいと考える伊藤の参考となった。
  • 内閣制度設立の前年、華族令が制定された。華族や国家に功績のあった人々に爵位が与えられ、こうして議院の一つである衆議院の選出母体が作られていった。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約