NHK高校講座

日本史

今回の学習

揺れ動く日本の社会と経済

  • オープニング(30秒)
  • プロローグ(58秒)
  • 普通選挙法と治安維持法(5分43秒)
  • 大衆文化の普及(3分18秒)
  • 金解禁と昭和恐慌(5分30秒)
  • おもしろくてためになる話〜エンディング(3分6秒)
  • まとめ(51秒)
  • 1/7
    オープニング(30秒)
  • 2/7
    プロローグ(58秒)
  • 3/7
    普通選挙法と治安維持法(5分43秒)
  • 4/7
    大衆文化の普及(3分18秒)
  • 5/7
    金解禁と昭和恐慌(5分30秒)
  • 6/7
    おもしろくてためになる話〜エンディング(3分6秒)
  • 7/7
    まとめ(51秒)

【学習のねらい】
1914〜8年の第一次世界大戦によって国際秩序が大きく変化したが、日本の国内社会も変動をまぬがれなかった。そのきっかけとなったのはヨーロッパの改革であった。総力戦となった欧州各国は、国民に戦争に協力してもらうため、選挙権をはじめ、さまざまな権利を与えた。これが日本にも波及し、日本社会の大衆化を推し進めることになった。その一方で、経済不況も国民生活に深刻な打撃を与えた。これらによって、人々の暮らしはどのように変わったのであろうか。

  • 監修講師:創価大学教授 季武嘉也
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約