NHK高校講座

科学と人間生活

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第8回 繊維がひらく未来 〜衣料の科学〜

問題 解答
Q1 化学繊維の特徴について、正しいのは次のどれか。
  • 天然繊維のウールに比べて化学繊維のポリエステルは燃えやすい。
  • 天然繊維の綿に比べて化学繊維のポリエステルは乾きにくい。
  • 天然繊維の絹に比べて化学繊維のナイロンは高価である。
Q2 ウールの繊維の特徴は次のどれか。
  • 拡大してみると、断面が三角形となっており、空洞がない。
  • 拡大してみると、断面に空洞があり、水分を吸収しやすい構造となっている。
  • 拡大してみると、表面がうろこ状になっており、これらが不規則に重なっている。
Q3 マイクロプラスチックをだしやすい化学繊維の問題を解決するために開発された新素材の特徴は、次のどれか。
  • ウールに近いタンパク質を人工的に合成し、天然繊維に近い素材を開発した。
  • パイル織りの繊維をねじることで、非起毛で繊維くずをだしにくくする構造を開発した。
  • だしたときのマイクロプラスチックが、生分解されやすい状態となるような繊維を開発した。
Q1
化学繊維の特徴について、正しいのは次のどれか。
  • 天然繊維のウールに比べて化学繊維のポリエステルは燃えやすい。
  • 天然繊維の綿に比べて化学繊維のポリエステルは乾きにくい。
  • 天然繊維の絹に比べて化学繊維のナイロンは高価である。
Q2
ウールの繊維の特徴は次のどれか。
  • 拡大してみると、断面が三角形となっており、空洞がない。
  • 拡大してみると、断面に空洞があり、水分を吸収しやすい構造となっている。
  • 拡大してみると、表面がうろこ状になっており、これらが不規則に重なっている。
Q3
マイクロプラスチックをだしやすい化学繊維の問題を解決するために開発された新素材の特徴は、次のどれか。
  • ウールに近いタンパク質を人工的に合成し、天然繊維に近い素材を開発した。
  • パイル織りの繊維をねじることで、非起毛で繊維くずをだしにくくする構造を開発した。
  • だしたときのマイクロプラスチックが、生分解されやすい状態となるような繊維を開発した。
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約