NHK高校講座

地理

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第22回 世界の村落・都市を見てみよう

問題 解答
Q1 カンポン・アイールに集落ができた要因として正しいのは次のうちどれか?
  • 砂漠気候のために雨が少ないが、川がかれてできた谷の地形のため、水が集まりやすいという自然条件
  • 熱帯雨林気候のため、水上に住む方が涼しくて快適という自然条件と、交易の要衝という社会条件
  • 五大湖に近い場所に位置しているため、運搬しやすいという自然条件
Q2 都市の成り立ちと機能について、沿岸部との格差をなくすために内陸部につくられた政治都市として正しいのは次のうちどれか?
  • モンバサ
  • オックスフォード
  • ブラジリア
Q3 筑西市旭が丘の住民が話し合ってつくった環境協定に含まれるものとして正しいのは次のうちどれか?
  • フラワーレーン
  • 電線・電柱の地下埋設化
  • 水門の増設
Q1
カンポン・アイールに集落ができた要因として正しいのは次のうちどれか?
  • 砂漠気候のために雨が少ないが、川がかれてできた谷の地形のため、水が集まりやすいという自然条件
  • 熱帯雨林気候のため、水上に住む方が涼しくて快適という自然条件と、交易の要衝という社会条件
  • 五大湖に近い場所に位置しているため、運搬しやすいという自然条件
Q2
都市の成り立ちと機能について、沿岸部との格差をなくすために内陸部につくられた政治都市として正しいのは次のうちどれか?
  • モンバサ
  • オックスフォード
  • ブラジリア
Q3
筑西市旭が丘の住民が話し合ってつくった環境協定に含まれるものとして正しいのは次のうちどれか?
  • フラワーレーン
  • 電線・電柱の地下埋設化
  • 水門の増設
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約