NHK高校講座

地学基礎

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校

第26回 火山活動の多様性

問題 解答
Q1 日本を代表する山である富士山ですが、一度の噴火で出来た山ではありません。現在の富士山の下には、隠れた山が一体いくつあるでしょう。
  • 3つ
  • 2つ
  • 1つ
Q2 火山の形や噴火の仕方は、マグマの粘性と関係があります。では、マグマの粘性は、「マグマの温度」と何で決まるでしょうか。
  • 二酸化ケイ素の量
  • マグマの量
  • マグマに含まれる気泡の数
Q3 火成岩の種類を特定するためには、火成岩中の何の割合を特定しなければいけないでしょうか。
  • 鉱物
  • 水分
  • 空気
Q1
日本を代表する山である富士山ですが、一度の噴火で出来た山ではありません。現在の富士山の下には、隠れた山が一体いくつあるでしょう。
  • 3つ
  • 2つ
  • 1つ
Q2
火山の形や噴火の仕方は、マグマの粘性と関係があります。では、マグマの粘性は、「マグマの温度」と何で決まるでしょうか。
  • 二酸化ケイ素の量
  • マグマの量
  • マグマに含まれる気泡の数
Q3
火成岩の種類を特定するためには、火成岩中の何の割合を特定しなければいけないでしょうか。
  • 鉱物
  • 水分
  • 空気
科目トップへ

制作・著作/NHK (Japan Broadcasting Corp.) このページに掲載の文章・写真および
動画の無断転載を禁じます。このページは受信料で制作しています。
NHKにおける個人情報保護について | NHK著作権保護 | NHKインターネットサービス利用規約