甲府局アナウンサー日記

こんにちは!

キャスターの木下です。

山梨県内、お天気が続いていますね。

1年前は日本海側の県に住んでいたこともあり、甲府の青空を見ると気分が上がります。

さわやかな秋空の下、あなたの町は「富士川町」を訪ねました。

11月中旬、紅葉のピークを迎える「大柳川渓谷」を散策です。

個性的な橋や滝に出会うことができるんですよ。

k-blog-1.jpg

朗らかな語り口がすてきなガイドの望月さんと、片道1時間の初心者コースを巡ります。

歩いて20分、すてきな橋を発見。

この渓谷で最長の68メートルもある「竜仙橋」です。

k-blog-2.jpg

頭上にはもみじのトンネルです。

k-blog-3.jpg

k-blog-4.jpg

紅葉するとこうなります!きれいでしょ?

そしてこの橋、途中で「く」の字に曲がっているんです。

「・・・どういうこと?」と思ったかた!

ぜひ足を運んで確かめてみてくださいね。

さらに進むと、滝つぼが富士山に見える「天渕(あまんぶち)の滝」もありました。

k-blog-5.jpg

この他にも、渓谷で10の橋と5つの滝が楽しめます。

ぜひ、紅葉狩りにいらしてください。

 

山を下りて鰍沢地区を歩いていると・・・。

入り口に「ひやかしお断り」と書いてある鉄道模型店を発見!

おそるおそる入ってみます。

k-blog-6.jpg

店長の藤旗さんが優しく迎えてくださりました。

ここには、リアルな街並みを再現した手作りのジオラマがあり

持ち込んだ車両を自由に走らせることができるんです。

k-blog-7.jpg

k-blog-8.jpg

ジオラマは精巧に作られていて、中には見覚えのある大型商業施設も。

お客さんの楽しみ方を見てみると・・・。

「車両を長~く合体させて走らせる派」

「列車を並べて眺める派」などなど十人十色。

みなさん楽しそうでした。

県内の方であれば、ジオラマの見学だけでも受け付けているということです。

 

こぼれ話ですが、鉄道ファンに20年以上愛されているこのお店。

店の名前に、藤畑さんが好きな鉄道車両にちなんだ数字「351」が入っていることから、

常連のお客さんが車のナンバープレートを「351」にしているそうです。

取材のこの日、店の駐車場には4台も「351」のナンバーを発見し、驚きました(笑)。

それほど、愛されているお店なんですね~。

 

そんな鉄道模型店、詳しくはこちらからどうぞ!

 

あなたの町、次回もお楽しみに♪

  • みなさんの声、気になる情報はこちらから

RSS