甲府局アナウンサー日記

フランス大好きな私が、「News かいドキ」で担当している「2020 ホストタウン山梨」のコーナー!

来年の東京オリンピック・パラリンピックで山梨県はフランスのホストタウンになっています。
そこで、このコーナーでは、フランス出身で山中湖村まちおこしプランナーのボシス・トムさんに毎週フランスの言葉と文化を教えていただいています。

11月は、トムさんと一緒に自転車旅という初企画。
トムさんと言えば自転車。トムさんは自転車ロードレースの元プロ選手なんです。
自転車旅を通して山梨の魅力をフランス人のトムさんに感じてもらい、
おもてなしのヒントを探ろうと・・・。

20201201-1.jpg
甲州市のレンタサイクル「ぐるりん」に乗って、
いざ、甲州市をぐるり~ん。

ルートは、
塩山駅近くの「甘草屋敷」→上条集落の甲州民家→上条集落にあるお寺「福蔵院」

「え、自転車で??」と思った方もいるのでは。
ぐるりんは電動アシスト付き自転車なので、里山の坂道もスイスイ進めるのです。
秋晴れのなか、心地よい風を感じながらぶどうや桃の畑の間を走るのは、とても気持ちがよかったですよ。
20201201-2.jpg

さあ、まずは「甘草屋敷」へ。
20201201-3.jpg
意外と知らなかったその名前の由来。
かつて甘草という生薬を栽培していたことから「甘草屋敷」と呼ばれているそうなんです。
広さ80畳もある畳の部屋に、自然と心が休まりました。
20201201-4.jpg
トムさんも畳の部屋にいると落ち着くとおっしゃっていたのが、意外でした!
フランスでも畳はなじみがあるようで、
フランス語でも「tatami」で通じるそうですよ。

次は、甲州民家がまとまって残る上条集落へ。
20201201-5.jpg
かつては二階で養蚕をしていたという「かやぶき切妻造」の民家を見て、
昔の生活が想像できて面白いとトムさん。
地元の「上条を活性化する会」では、野菜の収穫体験などもしているそうで、
日本の文化を感じてもらうおもてなしにもいいですね。

そして、最後に向かったのは、上条集落にあるお寺「福蔵院」。
ここにあったのは、なんとも優しい表情の仏様「百体仏」です。
上条集落では、
身延町出身の木喰上人の弟子である木食白道が作った仏様が大切に守られていて、
その一つがこの「百体仏」。
20201201-6.jpg
一体一体にっこりとほほえんでいるような表情をしていて、
見る人の心も穏やかにしてくれるような気がしました。
フランス語で"笑う"は「rire」。rireな仏像にトムさんもじっくり見入っていました。
20201201-7.jpg

トムさんと自転車で巡った秋の甲州市。
県民としても初めて知る・見る山梨の歴史や昔ながらの建物がたくさんありました。
そして、東京オリンピック・パラリンピックにむけて、
もっと山梨の魅力を伝えられるように知っておかなければと思いました!

「2020 ホストタウン山梨」のコーナーは、
NHK甲府放送局のHPでも見ることができます。
70回以上ある過去の放送が全て載っています!
自転車旅の他、みなさんが気になった回も合わせて、
ぜひ、チェックしてみてください。
「2020 ホストタウン山梨」

では、次回の「2020 ホストタウン山梨」もお楽しみに!
Au revoir!(さようなら)

  • みなさんの声、気になる情報はこちらから

RSS