甲府局アナウンサー日記

こんにちは。西岡です。日中はコートいらずの春の陽気になってきましたね。

とはいえ朝はまだ冷えているので、出かける服装に悩むこの頃です

さて、先月27日、甲府放送局でイベント「親子で絵本を楽しもう!春休み朗読会」を開催しました。

コロナ禍でおうち時間が増えている皆さんに、アナウンサーによる絵本の読み聞かせをお届けしたいと考えた企画です。

当日は、親子連れを中心に12組34人の皆さんがご参加くださいました。

イベントは、手作り感満載!のこんな様子。

20210327_053419000_iOS.jpg

保育園や幼稚園のお遊戯会をイメージしました。飾り付けにも力を入れましたよ~。

写真のように、さし絵をテレビモニターに映して、読み聞かせを行いました↓。

20210327_051251000_iOS.jpg

朗読を担当したのは、堀井優太アナウンサー、髙橋美鈴アナウンサー、江藤泰彦アナウンサー。

作品は「こんたのおつかいクローバーのくれたなかなおりめっきらもっきら どおんどん」の3冊。

 

20210327_053402000_iOS.jpg

 私は、イベントの企画・司会進行を担当。

コロナ禍で開催するイベントですから、無事開催できるか、ご満足いただけるか不安でした。

しかし当日、皆さん笑顔で会場をあとにされていて、それが何よりも嬉しいことでした。

感染対策のため十分な距離をとってのイベントではありましたが、これを機にNHK甲府放送局をより“近くに”感じていただければ嬉しいです。

 

そして、このイベントで行った朗読を、翌週42()のラジオ番組「かいラジ」で放送しました!

スタジオに「クローバーのくれたなかなおり」の作者、大月市出身・在住の絵本作家、仁科幸子さんお招きしました。

 

仁科さんには、それぞれの絵本を解説していただいたうえで、絵本の魅力、奥深さ、子供たちの身近な人が、触れ合いながら読み聞かせをする体験のかけがえのなさなどを、たっぷりとお話しいただきました!

 roudoku4.JPG

この3月まで大月市立図書館館長をお務めになっていたこともあり、本や絵本への愛に溢れたトークでした。

 

この放送、まだ聞く機会があるんです!

それが、「らじるらじる」の“聴き逃し配信”です。

 

「かいラジ」は放送後の翌週から1週間、毎回聴き逃し配信を行っています。

 

 https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=4852_01

 

412()正午までです。

この期間は山梨県内外で何度でも聴くことが出来ます。

是非、お楽しみください!

 

 

  • みなさんの声、気になる情報はこちらから

RSS