甲府局アナウンサー日記

2020年11月26日

毎日楽しみにしていた、連続テレビ小説「エール」もいよいよ最終回。
福島県出身の私にとって、故郷のなまりは心地よく、
また、ドラマの登場人物たちに元気をもらっていた一人です。
心に残った場面をあげればキリがないのですが、
特に、主人公の裕一・音夫婦の、
互いに夢を託しあい生きていく姿には、感情移入しながら見ておりました。
ことしは新型コロナの影響で、会いたい人に会えないという状況に寂しい思いをされていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
「エール」の物語は、コロナ禍の中で、
人と人とのつながりの尊さを改めて感じさせてくれたようにも思います。

【続きを読む】

  • みなさんの声、気になる情報はこちらから

RSS