#もしかしてしんどい?
~虐待を考えるキャンペーン特番~

虐待をするのは冷酷で鬼のような親と思うかもしれませんが、実は子どもを愛し、必死に育てている親が子どもに手をあげてしまう例が少なくないのです。
今、日本の子育てに何が起きているのか?
虐待を防ぐために、私たちができることは何か?
親たちが感じている息苦しさを明らかにし、子育てを家庭という閉鎖した空間から、社会に開いていくことの重要性を伝えます。子どもだけでなく、親も「助けて」と言える社会になるためにできることを考えます。 あなたの声を聞かせてください!

【ナビゲーター】
横山裕 (関ジャニ∞)

【出演】
向井慧 (パンサー)、眞鍋かをり、杉山春 (ルポライター)

【なみだくんの声】
田村裕 (麒麟)


★「子育ては大変!」というけれど、「自分の子どもを傷つけちゃうほど大変というのはよく分からない」という多くの方のために、“子育てで追い詰められていく状況を会社の仕事に例える”ドラマに仕立てました。

★妻が子どもに手をあげてしまい、子どもが児童相談所に保護されたご夫婦のドキュメント。一見ごく普通の家庭で、とても子どもを可愛がっていた妻に何が起きたのか? 夫はなぜ、妻の異変に気付かなかったのか? 夫婦の話を聞きます。

★専業主婦がたくさん利用する託児所。親が「助けて」と言えない理由は、「親なのに」という罪悪感にあります。罪悪感はどこからくるのか? どうすれば、取り払えるか考えます。

★社会に求められる支援とは何でしょうか? 子どもが一時保護などに至る前に、困っている親子を支える栃木県日光市の先進的な事例を紹介します。

収録を終えて横山裕さんが感じたこと


自分のためにもなりましたし、すごく考えさせられる収録でした。この先僕に子どもができた時、奥さんである「お母さん」が甘えられる手立てを作ってあげることが大事だと思いました。
お母さんは、みんな「完璧にしなきゃ」「子どもの成長が自分の一言で決まっちゃう」って思いながら育てていて、誰にも甘えられないでいる。でも本当はそうじゃなくて、「みんなで育てていくんだ」と、ゆとりを持つことが大事なんだと知ることができました。みんな初めてお母さんやってるんですから、できなくて当然。子どもや父親と一緒に成長していけばいいんだと思いました。そのためには、周りの理解と協力が必要ですよね。この番組を通じて、父親が、「子育てってこんなに大変なんだ!」って、少しでいいから感じ取り行動に移してほしいなと思いました。

動画



(25秒)

関連番組一覧



よるドラ「伝説のお母さん」

[総合]
2月1日(土)~
夜11時30分 (全8回)

ニュース シブ5時

[総合]
2月3日(月)・4日(火)
午後4時50分

プロフェッショナル仕事の流儀

[総合]
2月4日(火)
夜10時30分

ハートネットTV

[Eテレ]
2月11日(火)・12日(水)・18日(火)・25日(火)
夜8時00分

ラジオ深夜便

[ラジオ第1・FM]
2月11日(火)・12日(水)
午前4時05分

すくすく子育て

[Eテレ]
2月15日(土)・22日(土)
夜9時00分

ウワサの保護者会

[Eテレ]
2月8日(土)・22日(土)
夜9時30分

あさイチ

[総合]
2月19日(水)
午前8時15分

ドキュランドへようこそ

[Eテレ]
2月21日(金)
午10時00分

クローズアップ現代+

[総合]
2月26日(水)
午10時00分

所さん!大変ですよ

[総合]
2月27日(木)
午後7時30分

おはよう日本

[総合]
2月中旬

首都圏ネットワーク

[総合]
2月下旬
午後6時10分

トップページへ戻る

Page Top