ページの本文へ

こうちWEB特集

  1. NHK高知
  2. こうちWEB特集
  3. 【高知発 防災】繁華街避難マップ完成 南海トラフ地震に備える

【高知発 防災】繁華街避難マップ完成 南海トラフ地震に備える

繁華街の避難マップ完成
  • 2023年04月20日

高知ゆかりの物理学者、寺田寅彦は「天災は忘れられたる頃来る」という言葉を残していますが、南海トラフ巨大地震などの災害はいつ来るかわかりません。もしかしたら、お酒を飲んでいるときに来るかもしれません。
成人1人あたりの酒類の消費量が東京に次いで全国2位の高知県で、酔った人たちを安全に避難させるための取り組みが始まっています。
(高知放送局 記者 奥村敬子)

酔ってる時に地震が来たら 津波から逃げられますか?

高知の春の名物と言えば、商店街を宴会場に見立てて飲食を楽しむ、土佐の「おきゃく」。
ことし、4年ぶりに通常開催されました。

高知市中心部の繁華街では、南海トラフ巨大地震の際、高いところで1メートルから2メートルの津波が来る想定です。酔った人たちの安全確保が課題となっています。

「おきゃく」を楽しんでいた人たちに、酔っているときに地震が来たら避難できそうか聞いてみると・・・。

「逃げれん、逃げれん。絶対寝とうもん」

「今の状態だとお酒も入っているし、逃げるにしても避難場所とか避難経路がはっきり分かっていないと逃げるのは難しい」

立ち上がった飲食店経営者たち

酔った人たちをどう避難させるのか。検討を始めたのが、夜の飲食店の経営者で作る組合です。
繁華街全体で防災に取り組もうと行政の担当者を招いて研修会を開きました。

研修に参加した1人、西森翔さん。高知市内でバーを経営しています。東日本大震災をきっかけに危機意識を持つようになり、防災士の資格を取得しました。

西森翔さん
「震度7の地震が来た場合、スタッフとお客さまの逃げ方といいますか、教えていただきたい」

高知市の担当者
「一緒に誘導するというのが、従業員も含めて安全に命を守るといった点で有効的ではないかなと」

繁華街に特化した津波避難マップを

そこで、西森さんたちが作ったのが、客を連れて一緒に避難するための防災マップです。

飲食店の人たちが使うためのこのマップ。避難場所に指定されている津波避難ビルが示されていて、そこに安全に行き着くために道幅の広い道路を避難経路として色分けしています。

合わせて店内の注意点をまとめた防災マニュアルも作成しました。日頃から非常階段などの避難スペースを確保しておくことや、地震の揺れが収まったらコンロの火を消すことなども記しています。

西森翔さん
「いざ夜に地震が起きたときにすぐ動けるように、これをきっかけに防災の話題であったりとか、避難訓練を能動的に、自主的に、店の皆さんがしてもらえるようになればいいなと思っています」

西森さんが経営するバーでは、従業員の目に付くようマップをバックヤードに貼っています。

営業中に地震が起きたら店の3つある出口をすべて開け、客と一緒に最寄りの津波避難ビルへ逃げるよう、従業員への指示を徹底しています。

避難時の課題も

ただ、逃げる上で課題もあります。
繁華街の中には、細い路地を通らないと安全な避難経路にたどり着けない店も多くあります。

足元がおぼつかない客を誘導するにあたり、建物の壁や看板などが落ちてこないか、頭上にも気をつけなければなりません。

西森翔さん
「この通りも雰囲気はいいんですけど、何かあったときはもう通れないですね。ここは危険ポイントかなと思っています」

さらに避難先でも注意点に気づきました。
最寄りの津波避難ビルになっている図書館です。日中は入り口が4か所ありますが、夜間の入り口は1か所のみ。
事前に確認しておかなければ、一刻を争う避難中に混乱が生じかねません。

西森翔さん
「お酒が入っていますので、判断能力とかも絶対下がっています。そこをしっかり誘導する、考えて行動できるように準備することが大事かなと。街全体で取り組むというのがやっぱり不可欠になってくると思います」

夜の繁華街には、外から多くの人が集まります。客の中には酔って自分がどこにいるのかわからないケースも出てくるだけに、飲食店の模索が続いています。

取材後記

ご紹介した繁華街の避難マップは、「高知県社交飲食業生活衛生同業組合」のホームページで公開されています。
みなさんも「おまち(=地元の人は高知市中心部をこう呼びます)」にいるときに被災した場合、どこなら安全に避難できるのか、一度確認してみてはいかがでしょうか?

今回、取材を進める中で「避難場所や避難経路が分かっていないと避難するのが難しい」という意見を聞いて、私も納得しました。
ふだん過ごす自宅や職場の近くならまだしも、たまにしか行かないような場所で被災したら、どこが危険でどこが安全なのかよく分からないですよね。

高知の繁華街には古い建物や看板も多いだけに、安全な避難経路をあらかじめ把握しておくのは命を守る上でとても大切だと思いました。

これから暑くなる季節。よく冷えたビールもおいしいですが、酔いすぎないようにして自分の身を守る意識を持ち続けたいですね。

  • 奥村敬子

    高知放送局 記者

    奥村敬子

    2019年入局
    高知市政担当
    日本酒は辛口派
    最近酔いやすくなった気がするのが悩みです

ページトップに戻る