こうち防災いちばん

避難場所と避難所の違いは?

安全に避難する

「避難場所」と「避難所」の違いを知っていますか?

  • 「避難場所」・・・
    火災などから身を守るため、一時的に逃げ込む先
    例)河川敷や大きい公園など、広いスペースが指定される
  • 「避難所」・・・
    災害のため自宅で過ごすことが困難になった時、一定の期間、避難生活をする場所
    例)学校や公民館などが割り当てられる

さらに、津波の危険性がある地域では「津波避難場所」として、高台や津波避難ビルが指定されています。

こうした避難先を知るために役立つのが、「防災マップ」です。
各自治体が発行しているもので、色の違いにより浸水予測が表されています。

自分の判断で適切な非難をするために、生活する地域のリスクを知っておきましょう。

いま、備えよう~地震から命を守るための動画シリーズ~>> シュトボー

おすすめ記事

▲ ページの先頭へ