こうち防災いちばん

トイレを“備蓄”する

非常時への備え

大地震で困るのがトイレです。

自宅で浴槽の水を使おうとしても、配水管が見えないところで損傷している場合があり、トイレから詰まったものがあふれ出すこともあります。
そのため集合住宅では事前に使用のルールを作りましょう。

携帯トイレも効果的です。
携帯トイレとは、持ち運べるトイレのことで、給水シートタイプと凝固剤タイプがあります。

必要な戸数は、トイレを1日5回とすると一人35個にもなります。

たかがトイレと思わずに、必ずトイレも備えをしましょう。

いま、備えよう~地震から命を守るための動画シリーズ~>> シュトボー

おすすめ記事

▲ ページの先頭へ