こうち防災いちばん

自宅での避難生活に備える

非常時への備え

大地震の後、自宅での避難生活が長期に及ぶこともあります。
こうした事態に備え、国は1週間分の備蓄を推奨しています。

水や主食に加えて、備蓄に必ず入れておきたいのが「野菜やフルーツを使った食べ物」です。
避難生活の際に不足しがちな、ビタミン、ミネラル、食物繊維がとりやすいものを意識して選びましょう。

また災害時に向いている料理が「鍋」です。
栄養バランスも良く、温かいものを食べると心が落ち着きます。

鍋をする際には、ボンベやカセットコンロの使用期限を必ず確認しましょう。

いま、備えよう~地震から命を守るための動画シリーズ~>> シュトボー

おすすめ記事

▲ ページの先頭へ