こうち防災いちばん

台風・大雨 避難のポイント

台風・大雨・土砂災害

台風や大雨は、ある程度事前の予測が可能です。
水害の恐れのあるときは、「明るいうちに」「天候が悪化する前に」早めの避難、「念のため避難」を心がけましょう。

【避難のための服装】

  • 強風ではだけてしまわないように、上下に分かれたレインウェアを着用する
  • 風で飛んでくるものを避けるために、ヘルメットや帽子をかぶる
  • 靴はぬげにくい、ひもタイプのスニーカーを。普通の長靴は、水が入り動きにくくなるので避ける
  • 首から防水ライトを下げる
  • 荷物はリュックサックに入れ、両手を開ける

ただし、避難時に、道路が冠水している場合は、濁った水で足元が見えなくなります。
杖や、ストック、丈夫な傘などを使って、足元を確認して歩きます。

冠水してからの避難はリスクが高まります。そうなる前に「念のため避難」を心がけましょう。

おすすめ記事

▲ ページの先頭へ