こうち防災いちばん

台風・大雨への備え

台風・大雨・土砂災害

台風や大雨の時、注意しなければならないのは、水害や土砂災害です。

大きな被害を及ぼす水害が、「河川の氾濫」です。
「高知県防災マップ」では、県内の主な河川の浸水想定域を見ることができます。
浸水域内や、その周辺にお住まいの方は、避難経路の確認など、できる備えをしておきましょう。

もうひとつ注意すべきは、「内水氾濫」です。
短時間に大量の雨が降ると、下水などの処理能力を超えてしまい、
マンホールや排水口、屋内のトイレなどから、水があふれてしまいます。
内水氾濫は、警報や避難勧告が間に合わないこともあり、自主的に身を守る行動が必要です。

山間部を中心に、気を付けなければならないのが土砂災害です。
高知県の調査では、県内で土砂災害の危険がある場所は18000か所以上。

「高知県防災マップ」で確認し、自宅や周辺の危険個所を確認し、避難計画を立てておきましょう。

おすすめ記事

▲ ページの先頭へ