こうち防災いちばん

避難時の服装

安全に避難する

避難時の服装は、どんな点に注意すればよいでしょうか?
最も重要なのは、けがをしないようにすることです。

  • 真夏でも、長そで・長ズボンを着用・・・肌の露出を控え、けがのリスクを減らす。
    綿など燃えにくい素材のもの。アウトドア用の防水加工された服も丈夫で避難に適している。
  • 底の厚い靴・・・ガラスの破片などによるけがを防ぐ。ふつうの長靴は水が入って動きにくくなるので避ける。
  • ヘルメットか防災ずきん・・・落下物から身を守る。
  • 手袋・・・滑り止めがついているタイプがおすすめ。
  • マスク・・・がれきによる粉じんや、火災による煙を避ける

非常持ち出し品はリュックサックに入れて、両手を使えるようにする。
重すぎると、避難のスピードが遅れるので、自分に必要な最低限のものを入れる。

おすすめ記事

▲ ページの先頭へ